私の相棒 ~Optio RZ18~


去年の夏から、私の相棒となった『ペンタックス Optio RZ18』のレンズ内に塵が入ったことがわかり、17日(土)に新宿のペンタックスのサービスセンターに行ってきました。

事前に電話連絡をしていたので、相談内容をすぐにわかっていただけました。

『残念ですが即、入院ですね』
『あ~、やっぱり(^^;』

今月いっぱいかかるそうなので、何かの時は携帯で写真を撮るしかないな~

2013.08.日々のつぶやき


ペンタックスのお店は、コクーンビルのすぐ隣のセンタービル内なので、目の前にどーんって感じです。
電線がないと、やっぱり空が広いですね。
スポンサーサイト

分水嶺の山 ~ 甲武信ヶ岳 Ⅱ ~


私はリュックを全部で3つ、持ってます。

ひとつは、お泊り用の40リットル。
もうひとつは、ハイキング用の20リットル。
そして一番使っている、28リットルのザック。

昨年、木曽駒に行った時は40リットルのザックを使いました。
その時一緒に行ったKちゃんは、25リットルだか28リットルだかのリュックでした。

…私もしかして、荷物が多いんじゃない

今回、厳選に厳選を重ねて、普段使いのリュックにしてみました。
リュックの中身は、emシェルター、薄手のダウン、ファーストエイドキット、着替え2組(2日目用と帰宅用)、薄手のアウター、レインウェア、行動食、ストック2本、手袋、水2リットル、身支度セット、お昼ご飯等々で総重量10kg。

さて、どんな結末が待ち受けているでしょうか

2日目が、始まるよ~

続きを読む

分水嶺の山 ~甲武信ヶ岳 Ⅰ~


幼い頃、【多摩川の源流を求めて】みたいなテレビ番組を見ました。

東京湾から始まり、中流域、渓流を経て、奥多摩湖へ。
そして奥多摩湖へ注ぐ川を遡り、ついに初めの一滴へと辿る内容でした。

子供心に、行ってみたいと思ったものです。

そして大人になった今、多摩川ではありませんが、笛吹川、荒川、千曲川・信濃川の源流となる山に登ってきました。
沢を流れる水を見るたび、山の中でひっそりと流れ出る、川の始まりを見てみたいという願いを叶えてきました。

2013.08.甲武信ヶ岳

続きを読む

地下足袋登山者に対する、周囲の反応を考察する


7月は、とうとう地下足袋の話題しかなかった(笑)
ここまできたら地下足袋を貫こうと思い、この話題を提供しています。

7月28日、陣馬山~高尾山への縦走を、地下足袋で試みました。
結果は、小仏峠まで(約11キロ・4時間)地下足袋で、そこから先は靴で歩きました。

2013.07.高尾

今回の挑戦は、筑波山ではなく縦走をした時に、どのくらいの負荷がかかるかの確認でした。
なので今回は巻き道を使わず、ピークを踏んでいきます(^^

続きを読む

プロフィール

悠

Author:悠
基本は山に行った時の事を、それ以外は日々の呟きのようなものを、伝えていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR