丹沢縦走記2013 ~鍋割山編 Ⅱ~


1年前、この丹沢で初めて大倉尾根を下りた時、ストックをつきながら必死に下山しました
塔ノ岳を14時頃スタートで、ヘッデンを使わないうちに下山するためでした

考えてみると、まだ山中でヘッデンを使用したことがありません(泊まり以外で)
一度高尾山辺りで、訓練してみたいなぁ

2013.11.鍋割山
1年前と同じく、最後まで富士山が見えていたこの日
違うのは、私の手にはストックがなかったこと

1年前を思い返しながらの、山行きになりました

続きを読む

スポンサーサイト

丹沢縦走記2013 ~鍋割山編 Ⅰ~


昨年の11月16日、表尾根を使って初めて丹沢を縦走しました(丹沢縦走記1丹沢縦走記2
好天に恵まれ、素晴らしい丹沢の山並みと富士山を、堪能しました
あの山行きは、それまでの行動時間と標高差を塗り替えた、ひとつの分岐点だったといえます


あれから1年…山ビルの季節を終えて、再び丹沢に戻ってきました
今度の目的は…なっべやっきうど~ん♪

片道3時間半?
鍋焼きうどんのためなら、なんのその!

…1年前の方がピュアだったかもしれない…orz

2013.11.鍋割山

続きを読む

北高尾山稜 ~ただひたすら歩く道~


高尾には、主脈である奥高尾縦走路と平行して、南と北にそれぞれ山並みがあります

去年の春、南高尾山稜を歩きました…静かな山並みで、細かなアップダウンはあるものの、人も少なくいい道でした
菫が綺麗だったのを憶えています

北高尾山稜…そのアップダウンの多さから健脚向きとされ、一説では北アルプス縦走の練習にもなる、と言われています

以前、陣馬~高尾間をご一緒させていただいた80歳の方も、一般の登山客は来ないよと、言っていました
その方が若かりし頃は、そのルートを往復したらしいです
もっとも最近は健康のために、週1ペースで陣馬~高尾の縦走をやるくらいだそうですが…休憩こみで5時間半のペースで(^^;

そんな様々な話を聞くたびに、私が挑戦できるのはまだ先かなぁと思っていましたが、地下足袋トレーニングを始めてから、少し足腰が強くなってきたような気がして、ついに決心しました

11月9日、今まで眺めるだけだった北高尾山稜に、挑戦です

2013.11.北高尾
堂所山の手前で見つけた、リンドウ…ビロードのような素晴らしい色合いでした

続きを読む

必要は発明の母 ~コンロの風除け~


9月…男体山に登った時、山頂でお湯を沸かしてカップ麺を食べましたが、風が若干強くてコンロが倒れやしないか心配でした

10月…谷川岳に登った時、山頂では風が強くて、コンロに火をつけても火が消えやしないか心配で、使えませんでした

前々から漠然と、風除けが欲しいなぁと思っていましたが、谷川岳で心底、風除けが欲しくなりました

2013.11.山のつぶやき
モンベルのジェットボイル(チタニウム)

風除けとコンロが一体化し、効率よくお湯が沸かせるもので、欲しいなぁ~と思っていましたが、値段が(^^;
風除けのために、17,400円は払えません…だったら、冬用のアウターが欲しい

仕方がないので、ネットで≪コンロ 風除け 手作り≫で検索してみると、あらら、けっこうありますね~

ということで、今回は山用カセットコンロの風除けを作ってみました

…小学校時代、図工も家庭科も『3』でしたけど、頑張ってみました

続きを読む

宝篋山 ~筑波山を眺める山~


3連休

前回の3連休は谷川岳に行き、ひたすら渋滞に巻き込まれました
その記憶があるので、いまいち遠くの山に行く気になれず…天気もあまりぱっとしないし~

じゃあ、近くの山に行こう!ってことで、宝篋山(ほうきょうさん)に行ってきました
宝篋山は筑波山の南にあり、標高は461m
地元の方たちがしっかり整備してくださり、景色よし、沢あり、複数ルートありの、なかなかの実力者でした

2013.11.宝篋山

続きを読む

行動食のあれこれ


山を歩いていると、ふとした拍子にお腹が空いていることに、気がつきます

『…あ、お腹空いた…』
こうなると、動くためのエネルギーが減ってきているわけで、ウルトラマンで言えばカラータイマーが鳴っている状態(^^;

そんな時のための行動食ですが、これがまた人それぞれなんですよね

今回は、私の行動食について話します

続きを読む

プロフィール

悠

Author:悠
基本は山に行った時の事を、それ以外は日々の呟きのようなものを、伝えていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR