男体山登拝講社大祭 ~日光・男体山~



8月4日(火)
週末の山行をどこにしようか考えていた私は、ふと先日行った日光で、乗合いタクシーの声が掛かれば男体山にするつもりだったことを思い出しました
そうだ、また男体山に登ろうかな
じゃあ最近の男体山の様子はどうかな?と思ってヤマレコで検索したら…

『男体山登拝大祭』、ですと…!?

もともと男体山は霊峰であるため、登拝期間は毎年5月5日から10月25日まで
それ以外の期間は入山禁止な上、登拝期間でも二荒山神社中宮は午前6時にならないと開門しません
それが毎年7月31日~8月7日の間だけ、夜中の0時に開門し夜間登山ができる…?
って、今週じゃん!
え、8月7日って金曜日だけど、これって7日の夜まで開けるってこと?
それとも6日の夜まで?

早速、二荒山神社に電話して確認します
最終日は8月7日で、この日の夜まで開門する、とな…なら行くしかないじゃないか!
ということで、今回は夜間登山をしてきました
2015.08.男体山





男体山登拝大祭とは、二荒山神社中宮祠最大の祭で、今から1200年以上前の奈良時代末より連錦と続くお祭りだそうです
由緒あるお祭りで神事である為、この日程は毎年変わる事は無いそうです



さて8月7日は金曜日で、当然仕事が終わってからの移動となります
ダッシュで仕事を終わらせ、ダッシュで家に帰り、ご飯の支度をして21時に家を出ます
ナビは約4時間半の行程を表示していますが、できれば1時にはスタートしたいところ
高速道路を上手く使いつつ、0時15分に二荒山神社の駐車場に車を停めました
…少し仮眠しよう、おやすみなさい

30分寝たら、暗闇の中仕度を整え出発します
2015.08.男体山
結構身支度に時間がかかってしまいました(^^;

2015.08.男体山
1時24分、スタートです
…やばいなぁ、このコース、通常でもコースタイム3時間半だもんなぁ
このままだと間に合わないかも…?

2015.08.男体山
そうは思いながらも、ひっくり返ってジタバタしているクワガタ(メス)を元に戻してやりました

2015.08.男体山
真っ暗な中ヘッデンのライト頼りに樹林帯を登り、1時56分に林道に出ました
しかし不気味な写真だ(苦笑)

2015.08.男体山
2時19分、林道が終わり再び登山道が始まります

ちなみに先の樹林帯で男性3人組パーティに抜かれてから、後ろには誰もいません
当然、そのパーティはとっくのとうに先に進んでいます
つまり前後には誰もいない状態…でも不思議と怖くはありませんでした
何故だろう?
男体山が神様の山だからでしょうか?
嫌な気配は一切無く、それどころか時々ヘッデンを消して星空を見ることができるほど、安心して山の中にいます
物の怪がいたとしても、この山では悪さはできないでしょう…人間の方がよっぽど怖いや(^^;
遠くの街灯り、満天の星空、輝き続ける半月に励まされて…

2015.08.男体山
3時57分、鳥居をくぐります
暗闇を歩いているのに、ほぼほぼ通常ペースで登ってきています
…すごいな(^^;

この後はもう、時間との戦い
足元の土が赤茶けているし、木々の高さも低くなってきているから、山頂間近なのはわかるのですが、森林限界がまだ来ない…
早く森林限界がこないと、私の体力の限界がきそうだ(--;

そしてようやく森林限界をこえて、最後のザレザレの砂地を登っていくと、ちょうど岩場の上から日の出が見えそうな場所がありました
…もうここでいいや!
山頂に行ってもいい場所なんてみんな取られちゃっているだろうから、ここでゆっくり日の出を見よう!
2015.08.男体山
と決意したのが、4時40分
あと5分も登れば山頂でしたが、もう体力限界(^^;

2015.08.男体山

2015.08.男体山
夜明け前の空の色って、綺麗…

2015.08.男体山
雲海が広がって、本当に海みたい

2015.08.男体山
4時55分、日の出です

2015.08.男体山
中禅寺湖の周りの山だけ雲海に浮かび上がって、中禅寺湖がまるで入り江のようです

2015.08.男体山
日光白根山が朱に染まっています

2015.08.男体山

2015.08.男体山
5時4分、山頂に着きました

2015.08.男体山
影男体山

2015.08.男体山
二荒山大神と影男体山と中禅寺湖

このあと社務所に行き、御朱印をいただきました
さすがの神主さん達もモンベルのダウンを着ていて、なんかクスッと笑ってしまいました
そうだよね、神主装束じゃ寒いものね(笑)
でも聞いたところ、登ってくる時はちゃんとそれ用の神主装束で登るそうです
そりゃ神事、ですものね!

2015.08.男体山
大体20人くらいの人が、山頂にいました
…みんな何時くらいから登っていたんだろう?
とりあえず御来光登山者の中では、私が最後だったのは間違いありません

2015.08.男体山
なんかパワー溢れる構図だ!

鐘があったので鳴らしてみました
2015.08.男体山
カーーーン!
…予想より大きな音でびびった(^^;

2015.08.男体山
さっきよりくっきり、影男体山

2015.08.男体山
トモエシオガマ

2015.08.男体山
アキノキリンソウ

そうこうしている間に、奥社の社務所は閉じられてしまいました…ぎりぎりセーフだった(^^;
御朱印いただけてよかった~

2015.08.男体山
燧ケ岳
尾瀬はガスっているのでしょうか??

2015.08.男体山
6時14分、三角点を確認!
ではそろそろ下山しましょう

実は今回、志津乗越に下りて国道120号まで歩いて、バスで二荒山神社に戻るというのをやってみたかったんですよ
なので、ピストンで二荒山神社に戻らず、このまま反対側に抜けていきます

2015.08.男体山
こちら側に進みます

2015.08.男体山

2015.08.男体山
こちら側には誰も来ません
朝日があたって、気持ちのいい道です(^^

2015.08.男体山
ちょっと広場みたいな場所にでました

2015.08.男体山
日光白根山

2015.08.男体山
燧ケ岳

2015.08.男体山
遠く、飯豊連峰でしょうか?

2015.08.男体山
風の強さを物語っていますね~

2015.08.男体山

2015.08.男体山
うきうきと歩いていくと

2015.08.男体山
見事な雲海!

2015.08.男体山
ダイモンジソウ

2015.08.男体山
ウメバチソウ

2015.08.男体山
ウスユキソウ

2015.08.男体山
この道沿いに、いっぱいお花が咲いていました!

2015.08.男体山
ザレています、滑りやすいです

2015.08.男体山
ガレ場です、下り口が分かりにくいです(^^;

2015.08.男体山
崩落してます~、ズドーンです

2015.08.男体山
あそこから一気に下りてきました

2015.08.男体山
7時39分、5合目です
…思ったより時間食ってます、ここに来て大幅にペースダウン

2015.08.男体山
メジロ…っぽい(^^;

2015.08.男体山
結構道が荒れています

2015.08.男体山
8時13分、2合目です

2015.08.男体山
やっと道が緩やかになってきました

2015.08.男体山
8時22分、1合目…いや、もう、疲れたよ(^^;

2015.08.男体山
平らになってきたぞ~!

2015.08.男体山
暑い…(--;

2015.08.男体山
こちらの方々にご挨拶したら…

2015.08.男体山

2015.08.男体山
8時27分、志津避難小屋です

2015.08.男体山
小屋前のお社に手を合わせて

2015.08.男体山
8時31分、林道に出ました!

2015.08.男体山

2015.08.男体山
向かい側に見えるのは、大真名子山
はっきり言って、霧降高原から女峰山登って、小真名子山~大真名子山~男体山~二荒山神社と歩いて(?)くる人は、とても体力があって、そしてとても「M」な人でしょう…私、今から大真名子山を登り返せません

2015.08.男体山
志津乗越でこれから女峰山に登るグループとちょっと話がてら休憩し、8時46分に出発です
ここから三本松バス停まで2時間ちょい…遠いなぁ(^^;

2015.08.男体山
男体山に雲がかかり始めました

2015.08.男体山
鹿から木々を守る養生シートと思われるものが、木々に巻きついています
これ全部巻き続けているのか…大変だ(^^;

2015.08.男体山
まだまだ

2015.08.男体山
宇都宮大学の日光演習林…どれだけの広さがあるのでしょうか?

2015.08.男体山
アキノキリンソウ

2015.08.男体山
10時20分、光徳牧場と三本松との分岐に来ました

ここで私は三本松の方に行ったのですが、これが間違いでした…
三本松バス停まで15分、舗装道路に入ってからはコースタイムを上回るペースで歩いているので、多分間に合うと思ったのですが、曲がった先にあったのは、まさかまさかの迂回指示
湿原を守る為、立ち入り禁止になってしまっていたのです…(^^;

仕方ないので、迂回路を一生懸命歩いたのですが、
2015.08.男体山
バス停に着いたのは、10時39分…2分間に合わなかった
ちょっとでも走っていれば間に合ったかも、と思わなくも無いですが、いやもう無理、走れない(^^;
志津乗越で話し込まなければ、間に合ったかも…いや、あの分岐で右に行って光徳入口バス停に行けば、10時36分のバスに乗れたはず…あそこはまさに運命の分岐点でした

なぜそこまで言うのかと言うと、次のバスは1時間後なんだよ~

仕方ないので、
2015.08.男体山
道向こうの戦場ヶ原の展望台に行きました

そして仕方がないので
2015.08.男体山
茶屋でソフトクリームを食べました
仕方ないよね、だって次のバスは1時間後だし~

時間が余ってしょうがなかったので、バスを待ちながら念入りにストレッチ
これやっておくと、次の日の筋肉痛とか全然違うんです!

そして無事11時32分のバスに乗り
2015.08.男体山
12時6分、二荒山神社に戻ってきました

湯元温泉に行こうかとも思ったのですが、いろは坂はさっさと抜けたいので
2015.08.男体山
やしおの湯にしました

ゆっくりお風呂に入って、ここの駐車場で仮眠をとり、14時過ぎに出発です
でも…お腹空いた(^^;

2015.08.男体山
日光宇都宮道路に入ってすぐの日光口PA

2015.08.男体山
ここのお蕎麦、美味しい!
PAなのに意外と美味しくて、びっくり(笑)

そして途中で2度ほど仮眠を取りつつ運転し、18時半頃自宅にたどり着きました
今回は思いもかけずハードな山行になりましたが、終わってみると面白かったとしか…(笑)
もちろん、無事に帰ってきたからこそ言える言葉ですけど!

そして
2015.08.男体山
二荒山神社奥宮の御朱印!
頑張って登ってよかった~(^^
ちなみに今年の登拝祭、期間中ずっと御来光が見れたそうで、とても珍しいと言っていました!
…また来年も登りたいな(笑)

スポンサーサイト

コメント

No title

おはようございます♪

昨年、私がチビを連れて登りに行ったときにハマった「男体山登拝講社大祭」ですね。ちょうど期間中で夜通し開門していたのも知らず、5時ごろ着いて駐車場で6時近くまで待って時間を無駄にしてしまいました(笑)。帰りに雷雨に遭いましたが、1時間早く登っていればギリギリで回避できたかもしれないし、山頂ももうちょっとガスが少なかったかもしれません。

最初からわかっていればもちろん山頂でのご来光を狙う手もあったんですが、4年生のチビを連れてだとちょっとあのルートの夜間登山は厳しいですね。夜が明けてからの登山でも、かなり時間をかけながら登りましたし。来年はウチのチビも6年生だし、一度登ったことのあるルートだと勝手もわかっていますから、ひょっとしたら夜間登山にチャレンジするかも。

あと、入山料を払ったときに保温シート、付いてきました?夏場とはいえ2,500m級の山ですから、夜間登山で道迷いやら天候悪化やらがあったときの用心なんでしょうね。保温シート自体も大祭向けにどこかから寄進されたもののようでしたが。

山頂からはピストンせずに志津乗越方面に抜けたんですね。こちらのルートはこんな感じなんですか。下り始めの稜線は私好みの尾根道ですね。でも、正面の登拝ルートに較べると志津乗越からのルートは若干傾斜が緩やかなような気もしますが・・・そんなことはないのかな?写真にあるような、ガレ場やザレ場の連続でした?

戦場ヶ原に光徳牧場、懐かしいです。あの界隈では学生時代、「山を舐めるなあっ!」と一喝されるようなことをやらかしてしまいましたが(笑)。

Re: No title


こんばんは、徒骨亭さん!
男体山登拝大祭、行ってきました(^^
そういえば去年でしたね~、徒骨亭さんがお子さんと登ったのって。
確かに真っ暗ではありましたが、ヘッデンつければ問題ないですし、何より星空が綺麗でした!
それに御来光を見ることができれば、お子さんにとっても忘れられない想い出になると思います(^^
ぜひ、来年は親子で御来光を見てくださいv-218

入山料は1000円でしたが、保温シートは無くなってしまったようで、ミニタオルがついていました。
これで汗をよく拭くように、という事でしょうi-235

志津乗越から登ると、初めの方の樹林帯の中は、結構道が荒れています。
中腹辺りからは傾斜がきつくなりますが、まぁ表に比べればまだ緩い方かな?
気持ちのいい稜線に出る前は、ザレた急登です…これは表もそうですから、仕方ないですね~。
問題は駐車場です。
登山口の辺りに皆さん停めているようですが、本来は駐車禁止です。
木に養生シートが巻きついている写真の次の写真が駐車場なのですが、そこから登山口までは1時間くらいかかるかと…(^^;
かといって国道から歩いたら、途中で気絶しそうです…遠すぎて(笑)
あの辺りの駐車場事情をチェックしてからでないと、志津乗越からは厳しいと思います。

昔の「やらかしちゃった」系ですか、そんなのたくさんあるに決まっているじゃないですか(笑)
みんなそうやって大人になっていくのですi-228

No title

悠さん、こんにちわ。

わあ~!!!
夜間登山の男体山ですか~!!!
すご~い!!!青レンジャーも大いに刺激を受けました~。

夜間登山は通常、お山に泊まらないと見られない、早朝の澄んだ景色を眺められるのでいいですね~。しかし、ほとんど人がいない夜の登山道を歩く勇気が必要で、なかなかできない。。。

ここ1年ほどで青レンジャーも馴染みのお山になった、日光白根山や燧ヶ岳などの有名な山々が見られて、テンション上がります~。夏はこんな感じの景色が広がっているのか~。中禅寺湖があるので霧がかかりやすくて雰囲気あります。青レンジャーも今年中に男体山に登れたらいいな~。

最後、バスの時間に2分程足りなくて残念でしたね。。。でも、日光には色々な観光地があるので、待つのも何とかなりますね。何もないところで1時間は辛すぎ。。。

バスや電車に乗り慣れない青レンジャーは、なかなか周遊コースを取りにくいのですが、悠さんは車と公共交通機関をうまく利用されていますね。羨ましい~。



Re: No title


こんばんは、青レンジャーさん!

今回夜間登山をしてみましたが、男体山の登拝祭期間なら人もいるので、それほど怖くないのでは?と思って、挑戦してみました!
まぁ登り始めがぎりぎりの時間だったので、『最後の一人』状態になってしまいましたが(^^;
この期間は神職の方々も登られますし、私は最終日だったので人が少なかったですが、初日~3日目くらいまでは山頂で渋滞したらしいので、それなら女性1人でも行けるのではないかと思います。

日光の辺りは観光地でもあるので、意外と交通の便がいいんですよ。
青レンジャーさんが来られる時は、いろいろ教えてあげられるかもしれませんので、ぜひご連絡ください(笑)
Secret

プロフィール

悠

Author:悠
基本は山に行った時の事を、それ以外は日々の呟きのようなものを、伝えていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR