FC2ブログ

本と山登り



本屋にて、思いもかけず自分の好きな作家の新刊が発売されているのに、気が付く

いつものその作家の名前のところにはなく、新刊コーナーの数多の本の中から、その作家の名前だけが突然目に飛び込んでくる

それを認識した瞬間、私の手は本棚へと伸び…周りには誰もいないのに、誰にも取られまいと素早く本を手にし、ホッとする

レジへと向かう足取りは軽く、さぁいつから読み始めようかと考えるだけで、ワクワクする

すぐに読みたい気持ちと、読んでしまったら新しくページをめくるワクワク感が当分味わえないことから、しばらくは眺めていようかと

いう気持ちで揺れ動き、結局はすぐに読んでしまうのだけど、その間の気持ちの動きすら楽しい



ふと思う

私にとっては、山登りも同じことかもしれない

新しい山に登るのは、新しいページをめくるのと同じワクワク感がある

何度も同じ山に登るのは、ふとした瞬間に以前読んだ本の中の一文を思い出し、再度読み返すのと似ている

だからこんなに、山登りが続いているのかもしれない

山に登り始めて6年目

そんなことにようやく気が付いたのかと、山が笑っている気がする

今週もまた、山に行ってきます


スポンサーサイト

コメント

No title

本を読み終えた時と、山頂に立った時は似たような達成感があるなぁと思います。
だけど山登りは、そのあと僕の大嫌いな下山が待っている・・・

ワクワク感

こんばんは~

悠さんが取られた好きな作家の本、気になります。私も30代後半~40代前半には相当本を読みましたが、今はもうスマホで十分なので、本は読まなくなってしまいました。手に取られた本は面白かったでしょうか。

>新しい山に登るのは、新しいページをめくるのと同じワクワク感がある

そうそう、わかります。だから(次はどこに行こうかな)と考えるのが楽しいのですよね。そして、悠さんは同じコースを歩いておられたりもしてますよね。私も地元の里山を、季節ごとに愛着を持って歩いて歩きたいなと思っています。

もう随分前に読んだ、瀬戸内寂聴さんの書かれた本にも書かれていました。もう細かいことは忘れましたが、「いくつになっても、ワクワクする心があれば元気でいられる」って。

悠さん、どんなに辛いことがあっても、山に行けるワクワク感が心の風船に空気を送り込んでくれるではないですか。これからも山歩きを心の糧にして、職場の藪漕ぎ、急登をこなして行きましょう(^^)♪

Re: No title


こんばんは、中ノ俣さん!

読み終えた後余韻が残るような本は、当りだと思います(^^
今回買った本はシリーズものの2冊目なので、登場人物たちと再会できて嬉しいですね!

下山…私も嫌いです。
あぁ、下りたくない…下界はとかく、生き辛い…orz

Re: ワクワク感


こんばんは、B・Yさん!

今回買った本は、笹本稜平の新刊です!
テレビドラマにもなったことがある「駐在刑事」の2冊目で、奥多摩が舞台なんですよ(^^
笹本稜平さんの本は今のところ、文庫版は全部抑えてある、筈(笑)
一気に読みたいところですが、じっくりじっくり、一文字ずつ大切に味わっています。

私の勝手な感想なのですが、B・Yさんの感性はどこか私と似ているように感じます。(気を悪くさせたら、ごめんなさいe-330
でも、山に登るワクワク感、新しいことをするワクワク感、いつもと一本違う道を歩いてみたくなる好奇心…どれもお持ちでしょ!?(笑)

「心の風船」…素敵な言葉ですねi-228
そうですね、たとえ下界で辛いことがあっても山に行く時を思って耐え忍び、次回の山行を計画しながら「心の風船」に空気を送り続けて、職場の藪漕ぎ・急登をこなしていきます。
とりあえずは、まず明日…頑張ってきます!(キリッ)
Secret

プロフィール

悠

Author:悠
基本は山に行った時の事を、それ以外は日々の呟きのようなものを、伝えていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR