FC2ブログ

鎮魂の鐘を鳴らせ! ~秩父御岳山~



最近急に秋らしくなってきたため、電車の中でもマスクをしている人が目立つようになってきました
社内でも、風邪を引いたらしく苦しそうな咳をする人が見受けられます
私の周りでも何人か咳きこんでいるのですが…私自身は全く(^^;
今のところ、透明バリアで守られているかのように、風邪とは無縁でいられています
やっぱり山歩きを始めてから、免疫力が上がった気がします
このままいつまでも元気に、歩き続けていきたいものですね!

さて話は1か月以上前に遡り、10月2日(日)の山行です
以前から気になっていた秩父の山、秩父御岳山に行ってきました
2016.10.秩父御岳山
やっぱり秩父の山は、味わい深いです





今回の山は、三峰口駅から歩いて登っていけるのですが、途中で西武秩父駅からお花畑駅に乗り換えなくてはなりません
ここの乗り換えについては今年の正月、宝登山に行った時に確認していたのですけどね…まさか仲見世が全面封鎖になっていて、大回りをしなければならないとはつゆ知らず
乗り換え時間5分、ダッシュで走れば1本前の電車に間に合うと思ったのに、無情にも目の前で遮断機が下りて向こう側に渡れず、三峰口行の電車をむざむざ見送った口惜しさよ…

次の電車まで40分くらいあるので、有名な秩父神社でも見に行ってみましょう!
2016.10.秩父御岳山
朝7時半、静かな商店街です

2016.10.秩父御岳山
秩父神社前にやってきました!
い、意外と距離あるぞ…これで次の電車にも乗り遅れたら、口惜しいなんてものじゃない

2016.10.秩父御岳山
とにかく足早に、参拝します
今日も1日、よろしくお願いしま~す!

2016.10.秩父御岳山
御神木かな?
大きな杉の木です!

2016.10.秩父御岳山
7時48分、お花畑駅に到着…間に合ったぁ(^^;

2016.10.秩父御岳山
7時50分、電車が来ました

2016.10.秩父御岳山
あ~、久しぶりの青空!(^^

2016.10.秩父御岳山
8時13分、三峰口駅到着~

2016.10.秩父御岳山
8時15分、この道を道なりに進みます

2016.10.秩父御岳山
橋の上から

2016.10.秩父御岳山
橋の真上から…こ、怖い(^^;

2016.10.秩父御岳山
橋の端から(笑)
奥に見えるのが武甲山

2016.10.秩父御岳山
8時半頃、登山道入り口のトイレに到着~
ここでトイレに行ったり、柔軟体操したり、地元のお爺様方から最近の熊情報を聞いたりします
お爺様方曰く、「熊に遭ったら、うぉ~っと脅かしてやりゃあ、いいんだよ
…(^^; 「あは、ははは…

2016.10.秩父御岳山
案山子に見送られて、8時38分出発です

2016.10.秩父御岳山

2016.10.秩父御岳山
ここの案山子は妙にリアルで、本当に人が立っているのかと一瞬ドキッとします(^^;

2016.10.秩父御岳山
8時41分、登山道入り口です

2016.10.秩父御岳山
ひと登りして、景色のいいところから
左奥に武甲山が見えます

2016.10.秩父御岳山
三峰口駅です
前日は凄い人だったそうです
(毎月1日に、三峯神社では限定の白いお守りが配布されるそうで、これがすごい人気なんですって!)

2016.10.秩父御岳山
悠々と風に乗って、高度を上げていく鳥…猛禽類なのでしょうが、さっぱりわからない(^^;

2016.10.秩父御岳山
8時55分、目印の鉄塔到着

さて、先に進もうとすると…
2016.10.秩父御岳山
う…スズメバチ
登山道のど真ん中に、よりにもよってスズメバチ…す、進めない
幸い、ここで道が二股に分かれているので、ちょっと悪路ですがそちらに進みます

2016.10.秩父御岳山
キノコ

2016.10.秩父御岳山
9時13分、次の展望ポイント到着

2016.10.秩父御岳山

2016.10.秩父御岳山
標識も立派で、迷うことはありません
ありませんが…
2016.10.秩父御岳山
立派な標識をボロボロにする「奴」は、いるようです…遭いたくない!

2016.10.秩父御岳山
登る登る

山中に木を突く音が響きます
探してみると…
2016.10.秩父御岳山
あまり綺麗に撮れなかったけど、アカゲラ? オオアカゲラ?

2016.10.秩父御岳山

2016.10.秩父御岳山
尾根道に出ました

2016.10.秩父御岳山
反対側の下の方には、林道が通っています

2016.10.秩父御岳山
木々の隙間から景色が垣間見えますが、基本的にずっと樹林帯です

2016.10.秩父御岳山

2016.10.秩父御岳山

2016.10.秩父御岳山
11時18分、大滝との分岐に着きました
いやぁここまで結構、上り詰めてきました(^^;
ここから山頂はすぐです

2016.10.秩父御岳山
この先が山頂

2016.10.秩父御岳山

2016.10.秩父御岳山
狛犬様に見守られ

2016.10.秩父御岳山
11時20分、秩父御岳山山頂到着~
山頂には、普寛神社の奥宮が祀られています

さて手元の本によりますと、旧大滝村は木曾御嶽山の王滝口を開山した普寛行者の出身地で、王滝とは故郷の大滝にちなんで名付けられたそうです
後に故郷の山にも参拝路を開いたのですが、それがこの秩父御岳山だそうです
木曽御嶽山に縁がある山に登り、2年前の惨事を忘れることなく、そして犠牲になった人々の鎮魂を祈り、鐘を鳴らします
2016.10.秩父御岳山
カーーーーーン!!ーーーン!!ーーーン!ーーーン
結構力いっぱい叩いたので、音の反響が凄い(^^;

山頂からの景色
2016.10.秩父御岳山

2016.10.秩父御岳山

2016.10.秩父御岳山
標高1400mほどから上は、雲がかかっていますね
このぐらいの高さが、ちょうどよかったみたいです

この後山頂でお昼を食べて11時56分、下山開始です
2016.10.秩父御岳山

2016.10.秩父御岳山
先ほどの分岐
大滝に向かって下山します

2016.10.秩父御岳山
この辺りまでは歩きやすい道でしたが

2016.10.秩父御岳山
しばらく結構角度のあるヤセ尾根を歩きます
周りに木々が生えているせいであまり感じませんが、尾根の両脇はかなり切れ落ちている部分もあり、転ぶとシャレになりません(^^;

2016.10.秩父御岳山

2016.10.秩父御岳山
ふい~、林道の交差部分に着きました
ここの林道、地元の人間が抜け道に使っているらしく、意外と車が走り抜けていくので気を付けましょう!

2016.10.秩父御岳山

2016.10.秩父御岳山
かなりしっかり、手が入っていますね
ちなみにここまで出会った人数は…20人ほど?

2016.10.秩父御岳山
立派な杉の木が出てくると

2016.10.秩父御岳山
12時59分、杉の峠の分岐です

2016.10.秩父御岳山
簡略図の左下が本日のゴール普寛神社(落合集落)なのですが、そこから山頂に直接至る登山道は崩落のため、現在は通行止めになっています
普寛神社から登る場合には、一度強石との分岐であるここ「杉の峠」に出て、ここから山頂を目指します
コースタイムも、直接登れれば2時間ほどですが、杉の峠を経由していくため3時間はみてください

2016.10.秩父御岳山
では私は落合集落に向けて下山します

2016.10.秩父御岳山
途中橋が流れた場所があり

2016.10.秩父御岳山
何とか横切って

2016.10.秩父御岳山
林道に出ました

この後は林道でひたすら下山
2016.10.秩父御岳山

2016.10.秩父御岳山
14時、普寛神社に到着しました

神社で無事下山のお礼をしてから
2016.10.秩父御岳山

2016.10.秩父御岳山
大滝温泉に移動
お風呂だ~!

2016.10.秩父御岳山
あぁ、楽しかった!

2016.10.秩父御岳山
三峰口駅で急行池袋行きに乗ることができたので、池袋まで乗り換えなしで楽々帰れました!



下山途中で、地元の林道関係の方とお話できる機会がありました
その方が言うには、秩父御岳山は標高から容易い山だと思われてしまうようで、安易に登ってくる人が絶えないようです
最近では15時頃から登ろうとしている人を見かけて、さすがに注意したとのこと

実は私も林道を歩いている最中に、中高年の4人グループとすれ違いました
時間も13時半を過ぎていたので、これから登るのかと聞いたらそうだと言われ、びっくり
彼らは午前中に妙法ヶ岳に行き、登り足りなくてこちらに来たとのことですが…13時頃から登りだして、「あと1時間ちょっとで山頂でしょ」というので、直接登れるルートと勘違いしているみたいです
実際は、今いる場所から2時間くらいかかる旨説明しましたが、4人もいて誰も地図を持っていないようです
…なんだかなぁ…○| ̄|_

スポンサーサイト

コメント

No title

僕が破風山に登ってた時の記事ですね~。
秩父御岳山は手元にある「関東の山BEST100」というガイドブックに載っていて
いつか登ろうと思ってても未だ登れてない山です。
ガイドブックには山頂にサビサビの方位盤が写っていますが、もう無くなってるようですね。
山頂で鳴らした鐘は遠く木曽御嶽山まで届いた事でしょう。

Re: No title


続けてこんばんは、中ノ俣さん!

そうです、中ノ俣さんが破風山に登ってブコーさんを眺めていた時の話です。
あれから一月以上経ってしまいました(^^;
あはは…e-330

秩父御岳山は、私も以前から登ろうと考えていた山です。
木曽御嶽山にも縁があることを知り、山頂の鐘を鳴らすために登ってきました。
本当に、決して忘れることなくこれからも気を引き締めて山に登ろうと、山頂で誓ってきました!

ちなみに、大滝温泉側から登る人の方が多いようで、三峰口駅からは誰もいませんでした(^^;
Secret

プロフィール

悠

Author:悠
基本は山に行った時の事を、それ以外は日々の呟きのようなものを、伝えていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR