FC2ブログ

谷川岳主脈縦走 Ⅰ



長年…いやほんの4年前からだが、温め続けた谷川岳主脈縦走
剛の者は日帰りで歩き切るというコースだが、あくまで普通の人間である私は、泊まりでないと無理です
でもこのコース、途中で泊まるには避難小屋しかありませんので、コースの両端の谷川岳肩の小屋か平標山の家で前泊して歩くことになります
ここで問題なのが、下山後の交通の便

ルート的に楽なのは平標山から回る方なのですが、そうすると下山方法は2つ
天神尾根でロープウェイか、西黒尾根を下りるか
ロープウェイの時間を気にしながら下山するのは厳しそうですが、疲れ切った体で西黒尾根を下りるのはもっと厳しい

そこで谷川岳肩の小屋に前泊し、平標山へ向かうルートを歩くことにしました
こちらだと最後のバスは19時35分…さすがにそこまで遅くなるつもりはありませんが、そのくらい心に余裕がないと危ないですしね(^^;

さて、この選択は吉と出るか凶と出るか…?





6月16日(金)
2017.06.谷川岳主脈縦走
Maxたにがわで上毛高原へ向かいます

新幹線で朝ご飯
2017.06.谷川岳主脈縦走

2017.06.谷川岳主脈縦走
う~ん、ヘルシー(^^
こういう野菜が多い弁当って、好きなんです
もちろん時々はお肉がっつり食べますけど(笑)

2017.06.谷川岳主脈縦走
9時頃谷川岳ベースプラザに到着
西黒尾根で登ろうか、ロープウェイにするか迷っていたのですが、意外と風が強いです
西黒尾根で吹きっさらしはきついので、ロープウェイで上がって早めに小屋に入り、天気が良ければ一ノ倉岳の方に行ってみることにしましょう
荷物も重いしね(^^;

2017.06.谷川岳主脈縦走
ラクダのコル…確かにラクダだな(^^

9時半頃、準備を整えて天神平を出発します
歩き始めてすぐに
2017.06.谷川岳主脈縦走
ミヤマスミレ

2017.06.谷川岳主脈縦走
シラネアオイです!
初めて見ましたが、想像していたものより大きくて、色合いも綺麗な藤色
大らかなイメージですね!

2017.06.谷川岳主脈縦走
今日はいい天気だ!

2017.06.谷川岳主脈縦走
ショウジョウバカマ

2017.06.谷川岳主脈縦走
残雪を横切るのですが、端っこの方は踏み抜きそうで怖い(^^;

2017.06.谷川岳主脈縦走
ミヤマカタバミ

2017.06.谷川岳主脈縦走
ユキザサ、かな?

2017.06.谷川岳主脈縦走
ちょっとぼけちゃっているけど、ツクバネソウ

2017.06.谷川岳主脈縦走
コイワカガミ

2017.06.谷川岳主脈縦走
きゃ~、イワウチワだ!
初めて見た~
花びらのフリフリが可愛い~

2017.06.谷川岳主脈縦走
谷川岳
あれ? ちょっと雲が多い…

2017.06.谷川岳主脈縦走

2017.06.谷川岳主脈縦走
両方ともオウレンだと思うのですが、ちょっと違うんですよね~
谷川岳の花の本が欲しい…

2017.06.谷川岳主脈縦走
おぉ、このショウジョウバカマは花火のようだ!

2017.06.谷川岳主脈縦走
ツバメオモト

2017.06.谷川岳主脈縦走
ムラサキヤシオ

2017.06.谷川岳主脈縦走
主脈側の視界が開けました!

2017.06.谷川岳主脈縦走
これもツバメオモトかな

2017.06.谷川岳主脈縦走
ミヤマスミレ
葉っぱの根元のカールが可愛らしい(^^

2017.06.谷川岳主脈縦走
ニョイスミレ

2017.06.谷川岳主脈縦走
マイヅルソウ

2017.06.谷川岳主脈縦走
お花を探すのに忙しくて、もう超ノンビリと歩いています

2017.06.谷川岳主脈縦走
コイワカガミ

2017.06.谷川岳主脈縦走
道の横に雪が残っています

2017.06.谷川岳主脈縦走
お隣の朝日岳

2017.06.谷川岳主脈縦走
これから向かう谷川岳

2017.06.谷川岳主脈縦走
イワウチワの群生が、斜面にこれでもか!というくらいある(笑)

2017.06.谷川岳主脈縦走
イワナシ
色が透き通るような薄ピンクで、さらに形がすごく可愛いです!

2017.06.谷川岳主脈縦走
出始めのギンリョウソウ
後で気が付いたのですが、モウセンゴケも一緒でした(笑)

2017.06.谷川岳主脈縦走
11時、熊穴沢避難小屋
コースタイムの倍、かかっています(^^;
いやもう今日は肩の小屋に行くだけだから、思いっきりお花の観察してました

2017.06.谷川岳主脈縦走
タムシバ

2017.06.谷川岳主脈縦走
このムラサキヤシオは、色がとても濃い!

2017.06.谷川岳主脈縦走
この岩場の脇に…

2017.06.谷川岳主脈縦走
何とカタクリの花!
6月にまさかまさか、です、ビックリしました

2017.06.谷川岳主脈縦走
天神山
実は一回も行ったことがない(^^;

2017.06.谷川岳主脈縦走
初夏の晴れた新緑の道
楽しくないわけがない(^^

2017.06.谷川岳主脈縦走
ナエバキスミレ

2017.06.谷川岳主脈縦走
アカモノ

2017.06.谷川岳主脈縦走

2017.06.谷川岳主脈縦走

2017.06.谷川岳主脈縦走
あらら、ガスが出てきてしまいました

2017.06.谷川岳主脈縦走
天狗の留まり場の手前の岩場に

2017.06.谷川岳主脈縦走
う~ん、わからない、ハタザオかな?(^^;

2017.06.谷川岳主脈縦走
あちゃ~、ついにガスに覆われちゃったよ…

2017.06.谷川岳主脈縦走
11時52分、天狗の留まり場

2017.06.谷川岳主脈縦走
ミツバオウレン

2017.06.谷川岳主脈縦走
シロバナイワカガミ

2017.06.谷川岳主脈縦走

とにかくここまでずっと、イワカガミがメインになってあとは、イワウチワやミツバオウレンやシロバナイワカガミが代わる代わる、そしてそっとショウジョウバカマやツクバネソウ、イワナシにアカモノにナエバキスミレにマイヅルソウと、お花だらけ!
すごいぞ、谷川岳!

この後ついにガスに突入し、登山道も水浸しになり始めて
2017.06.谷川岳主脈縦走
12時半、肩の小屋の下の残雪部分に着きました

2017.06.谷川岳主脈縦走
ちょうど人が下りてくるので横に避けて見ていましたが、この斜度だと下りはきつそう(^^;
と思っていたら、一人が足を滑らせて4~5mほど滑落
雪の状態だとキックステップで登れそうなので、アイゼンは付けずその代わりストックを出すことにしました
というか、アイゼンも前爪があるものなら役に立ちそうですが、軽アイゼンでは爪の位置が意味をなさない…(^^;

そしてガシガシストックをつきながらキックステップで登ること15分ほど?
2017.06.谷川岳主脈縦走
残雪の上部に着きました
あの霞んでいる先から角度がガクッと変わるんです(^^;

2017.06.谷川岳主脈縦走
12時53分、標識が出てきました

2017.06.谷川岳主脈縦走
そして目の前に肩の小屋
天神平であんなに晴れていたとは信じられないくらい、ガッスガス(^^;

早速小屋に入り、受付を済ませます
2017.06.谷川岳主脈縦走
一番乗りだったようで、こちらの端っこの場所をゲット!

さて、今回重たいザックで来たのには訳があります
それがこれ
2017.06.谷川岳主脈縦走
私の寝床(^^
買っちゃった…モンベルのダウンハガー
だって寝袋あると肩の小屋は安く泊まれるし、いずれ避難小屋とか泊まるだろうし、あと夏のシーズンに向けて重たいザックの訓練もしておきたいし!
(まぁ今回の山行中、重量訓練は他でするべきだったと後悔しましたが

とりあえず荷物の整理をしたので、天気が大きく崩れる前に山頂へ行ってきます!
(午後は雷雨の予報だった)
2017.06.谷川岳主脈縦走
13時58分、トマノ耳
だ~れもおりません(笑)

2017.06.谷川岳主脈縦走
ハクサンシャクナゲ

2017.06.谷川岳主脈縦走

2017.06.谷川岳主脈縦走
ルート外では、まだこんなに雪が残っている場所があります!

2017.06.谷川岳主脈縦走
イワヒバリ

2017.06.谷川岳主脈縦走

2017.06.谷川岳主脈縦走
うわわ、ユキワリソウです~
あなたに会いたくて来たのよ~
そしてここからしばらく、カメラのレンズに水滴がついています(^^;

2017.06.谷川岳主脈縦走
14時33分、オキノ耳

オキノ耳の周りにはお花がたくさん!
2017.06.谷川岳主脈縦走
ハクサンチドリの蕾

2017.06.谷川岳主脈縦走
ヤマハハコかな?
水滴が綺麗(^^

…って、これは!
2017.06.谷川岳主脈縦走

2017.06.谷川岳主脈縦走
ホソバヒナウスユキソウです~っ!!
いや~ん、可愛い~っ
このもこもこ具合がたまらな~い

2017.06.谷川岳主脈縦走
おぉ、チングルマです!!

2017.06.谷川岳主脈縦走
チングルマとユキワリソウ

風が吹き付けるオキノ耳の下で、雨粒になり始めたガスの中、一人撮影会に勤しむ女…もはや酔狂としか言いようがないでしょう(^^;
あぁ、ちなみにこの周りにはハクサンイチゲがこれでもかと咲いていましたが、全部ボケちゃっていました(^^;
雨風が酷くなってきたので、肩の小屋に戻ることにします

と、一瞬の晴れ間
2017.06.谷川岳主脈縦走
(水滴はご勘弁

2017.06.谷川岳主脈縦走
一瞬のブロッケン、人影は見れませんでした(^^;

この後肩の小屋に戻り、濡れたウェアを乾かして晩御飯を待ちます
2017.06.谷川岳主脈縦走
晩御飯は17時半
温かいご飯にお味噌汁…沁みる~

外は風がゴーゴー鳴っています
小屋のご主人は、この風が雲を飛ばしてくれれば明日はいい天気になるよ、と言っています
明日の晴天を信じ、おニューの寝袋に潜り込みます…暖かい(^^
(夜中に暑すぎて、ジッパー全開しました
さて、明日の天気はどうでしょう?



2017.06.谷川岳主脈縦走
この写真、ピンと来た人は「ヤマノススメ」通ですね(笑)
この梯子の上の空間が、ヤマノススメで主人公達が泊まった場所です
今は小屋のご主人の寝る場所だそうで、写真撮影は下からのみ(笑)

小屋のご主人に伺うと、以前は無謀な観光客をよく見かけたけど、ヤマノススメファンはアニメを通して装備の重要性を理解して、ちゃんとした格好で来るそうです
アニメという媒体が、登山の啓蒙活動の役に立ったという好事例ですね(^^
話を聞いて、ほっこりしました(^^

その他にもいろいろと面白い話を聞きましたが、詳しく知りたい方はぜひ肩の小屋へ!
空いている時期のお泊りなら、きっとたくさんお話ししてくれると思いますよ(^^

スポンサーサイト

コメント

No title

悠さん

今年は雪が多いので綺麗ですね。
悠さんって花に詳しいんですね。
私は食えるものしか興味ないので、山菜オンリーです。
ユキザサは美味いですよ。

谷川の一番のおすすめルートは厳剛新道ですね。
最近、一般車通行規制により、めっきり登る人が少なくなりましたが、
残雪+新緑シーズンと紅葉シーズンは綺麗です。

機会があれば行ってみてください。

Re: No title


こんばんは、目目連さん!

以前目目連さんが、6月の梅雨前の谷川はとても美しいと言っていたので、ずっと機会を窺っていたんです(^^
厳剛新道で登りたかったのですが、今年はまだ残雪が多いようで…登山センターでも避けるようにと呼びかけていましたので、今回は止めておきましたe-330

お花は分かるのが7割くらいかな、あとは帰ってきてからせっせと調べています(^^;
逆に私は山菜やキノコがわかりません。
山菜は、ヤブレカサしか見分けがつかない(笑)

買っちゃった寝袋は、目目連さんの記事を見て決めたんです(^^
中で体の向きを変えるのが楽でした!

No title

こんばんは。
ロープウェイか西黒尾根か・・・僕の場合迷わずロープウエーです(^^;)
この時期西黒尾根で下山したことあるんですが、虫がハンパ無かったです。かなりのストレスになりました。ブヨにもやられて、痛みと刺された痕がいつまでも残ってたのを思い出しました。
それにしても、さすが上越国境!花の種類が凄いですね~(@_@)
シラネアオイとイワウチワのご対面もさぞ嬉しかった事でしょうねぇ~(^o^)
ハクサンイチゲがまだ出てこないな~、
この先のレポが楽しみです!

いいなあ

こんばんは~。

あ~~~~ このルート、悠さんに先を越されるなんて(笑) 行きたいんですけどね~、なかなか行く機会がありません。いつか私もたぶん同じルートで行くと思います。

しかし6月の中旬でショウジョウバカマとかカタクリが咲いてるって、さすが谷川岳。それから、シラネアオイとイワウチワを初めて見たって意外でした。雪国の花だからでしょうか。

そして、ダウンハガー購入されたのですね。今は650とか800とかのシリーズがあるんですかね。私も似たような色味のダウンハガー持ってますよ。13年前に購入したものですが。夏場のアウトドアにはちょうどいいですね。

そういや金曜日にお出かけのようでしたが、無事お休みが取れたのですね~♪

Re: No title


こんばんは、中ノ俣さん!

今回虫が心配だったので防虫ネットを用意していましたが、風がそこそこ吹いていたのと初日は思ったより気温が上がらなかったので、虫にやられずにすみました。
2日目は晴れたのですが、やっぱり今一つ気温が上がらなかったので、こちらも通常の虫除けで大丈夫でした、らっき~(^^v

西黒尾根がお花だらけと聞いていたのでぜひ行きたかったのですが、以前強風で転んだ記憶があるので、風が強いと怖いんです(^^;
でも天神尾根もとにかくお花がいっぱいで、目を皿のようにして歩いていたらまぁ、遅い遅い(笑)
天神尾根でこれなら、主脈上はどうなっちゃうんだ~!
続きは今しばらくお待ちくださいませ(笑)

Re: いいなあ


こんばんは、B・Yさん!
金曜日に無事に休みが取れました(^^
もちろん前日まで、馬車馬のごとく働きましたとも!

寝袋はダウンハガー800を買いました。
そしたら夜中に暑くて暑くて、ジッパー全開にしました(^^;
性能的には大満足ですv-218

この谷川主脈の稜線は、そそられるものがありますよね~(^^
私も長い間躊躇っていたのですが、今回思い切って行ってきました!
感想は…ただ今せっせと記事を作成中ですので、しばしお待ちくださいませe-330

No title

悠さんさん、こんにちわ。

わあ~!!!初夏の谷川岳はこんなにたくさんのお花が咲くんですね~。

結構岩々しいお山なので、どのあたりに高山植物が咲くのかな???と思っていましたが、至る所に咲くんですね。まさか、シラネアオイまで咲くとわ~!!!初めてのお花達に合うと、テンション上がって・・・ああ、想像しただけでもよだれが垂れます。

イワウチワかわいい~。今の時期はもう見れませんよね。。。ヒラヒラレース。
白いイワカガミは青レンジャー見たことないので見てみたい~。悠さんいいな~。

あの肩の小屋直下の雪!6月中旬でもあんなにたくさん残っているんですね。これが意外と傾斜が強いので、結構手ごわいですよね。滑った方は・・・4、5mで良かったです。

翌日、平標山まで下山・・・か、かなり距離がありますね。続きも読ませて頂きます。

Re: No title


こんにちは、青レンジャーさん!

私も、初夏の谷川岳にあんなにお花が咲くとは知りませんでした(^^;
もう登山道に入る所からバンバンです!
熊穴沢避難小屋まで登山道脇の斜面が結構じめっていて、そこにイワウチワやらイワカガミやらギンリョウソウやらオウレンやらが咲きまくり、もうお花の撮影に忙しくて進まない進まないe-330
この日は肩ノ小屋に行くだけでしたから、超ノンビリとしてました(笑)

今回初めて見たお花が、シラネアオイ、イワウチワ、ツクバネソウ、ユキワリソウ、ホソバヒネウスユキソウです。
イワウチワは最盛期はお山がめっちゃ混むので、ついつい敬遠しちゃって…今回会えて嬉しかったです(^^
ユキワリソウも、なかなか日本海側のお山に行けなくて会えなかったのですが、谷川岳で咲くと知って今回とても楽しみにしていたんです。
そして何より会いたかったのが、ホソバヒナウスユキソウ!
日本のエーデルワイス、特にこの花は至仏山やこの辺りだけの固有種なんですよe-420
フェルトで作ったようなもこもこ具合が、とても可愛かったです(^^

肩ノ小屋直下の雪ですが、私はキックステップとストックで登りましたが、正直下りはアイゼン無いと怖いなと思いました(^^;
慣れている方は平気でしょうが、シャーベット状の雪があの角度であると、私はそのまま下まで滑っちゃいそうですe-263
あと、ちょっと前まではもっと角度があったらしく、ピッケル使わないと厳しかったとのこと。
それでもピッケル無しで登ってきた人たちはいたらしく、そうすると帰りはもう本当にどうにもならなくて、仕方なく目印のあの柵とロープを掴んで、尻を下して滑りながら降りて行ったそうです…ブルブルe-330
Secret

プロフィール

悠

Author:悠
基本は山に行った時の事を、それ以外は日々の呟きのようなものを、伝えていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR