FC2ブログ

白馬三山縦走 2日目



前日18時半に眠った私
当然早々に目を覚まして、時計を見たらまだ21時前…つまり消灯前
夜空を確認しに外に出てみると、満天の星空でした!
天の川も見えたし、蠍座も見えました(^^
すっかり満足して、再び眠りにつきました
明日はどんな景色が見られるのかな?

2017.07.白馬岳
まさかまさかのハクサンコザクラ(^^





おはようございます、朝(?)2時半起床しました

身支度整えているうちにお腹が空いたので
2017.07.白馬岳
朝ごはん用のお弁当を、ちょっといただいちゃいます

2017.07.白馬岳
半分食べて、出発しま~す

2017.07.白馬岳
3時40分、白馬山荘を出発します

2017.07.白馬岳
本当に要塞のようだ(^^;

2017.07.白馬岳
4時20分、杓子岳が近づいてきました

2017.07.白馬岳
4時46分、杓子岳の手前の鞍部で日の出
杓子岳の山頂で見たかったのだけど、間に合わなかった

2017.07.白馬岳
剱岳がちょっと見えます

2017.07.白馬岳
白馬岳
長野側は落ちていますね~(^^;

2017.07.白馬岳
ガレ場のような足元に、分岐の標識が落ちています…標識がすっかりカメレオン化しています(^^;

2017.07.白馬岳
5時13分、杓子岳山頂到着~
杓子岳は長野側が本当に崩落していて、山頂標識もいつか落ちて無くなりそう(^^;
ただですら怖いのに、この時ちょっと強めの風が富山から長野側へ吹いていて、ますます怖い…

2017.07.白馬岳
杓子岳から見る、白馬岳・旭岳

2017.07.白馬岳
太陽が、ガンガン昇ってきています

2017.07.白馬岳
杓子岳のたおやかな稜線の向こうに、剱岳…の右横の山は何?(^^;

杓子岳の平らな山頂を歩いて進むことしばし
2017.07.白馬岳
5時40分、白馬鑓ヶ岳が目の前に現れました!

白馬鑓ヶ岳の鞍部でザックをデポして、ほぼ空身になって登ります
この位置からのピストンなら、1時間半くらいだからね~
2017.07.白馬岳
ミヤマシオガマ
今回、このミヤマシオガマが本当にたくさん咲いていました

2017.07.白馬岳
シコタンソウ
この花弁の模様が、とても可愛い!

2017.07.白馬岳
チョウノスケソウ

2017.07.白馬岳
ウルップソウとミヤマオダマキ

2017.07.白馬岳
うおお~
なんか、なんか、すごくいいです!
アルプスに来た!って感じがする~(^^

2017.07.白馬岳
ミヤマアズマギク、初めまして!

2017.07.白馬岳
イワオウギ

2017.07.白馬岳
ツガザクラ

2017.07.白馬岳
山頂の手前の稜線、長野側の斜面がお花畑!
ミヤマダイコンソウをメインに、花々が咲き誇っています!

2017.07.白馬岳
6時39分、天狗岳へ向かう分岐に到着

2017.07.白馬岳
そして6時43分、白馬鑓ヶ岳到着~

2017.07.白馬岳
振り向くと杓子岳の向こうに白馬岳

2017.07.白馬岳
剱岳

2017.07.白馬岳
正面に鹿島槍を見つつ、槍ヶ岳まで連なる北アルプスの稜線

2017.07.白馬岳
天狗ノ頭の向こうに不帰嶮、そして五竜の向こうに鹿島槍
今季、天狗山荘が使えないため、不帰嶮を通って唐松岳まで行く人は、白馬岳から一気に唐松岳まで行かなければなりません
またこの時点で白馬鑓温泉は営業していないため、通る人が全然いない(^^;
山頂はもちろん、独り占めです!

さて景色も満喫したし、戻るとしますか!
2017.07.白馬岳
やっと、ミヤマキンポウゲのメタリックな輝きが見れた(笑)

2017.07.白馬岳
雪渓とお花が綺麗~(^^

って、足元に…
2017.07.白馬岳
クロユリだ~

2017.07.白馬岳
いや~ん、この辺群生している~

2017.07.白馬岳
シロウマオウギ

デポしたザックを回収し、杓子岳の巻道を使って戻る途中
2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
コマクサだ~(^^

2017.07.白馬岳
チングルマもいる~!

2017.07.白馬岳
コイワカガミはちょっと疲れてる

2017.07.白馬岳
ミネズオウ

2017.07.白馬岳
ゴゼンタチバナ
行きは暗くて見えなかったんだよね(^^;

2017.07.白馬岳
朝通った、山頂と巻道の分岐が見えます
この時点で7時53分
ここまで20人ほど、不帰嶮に向かう人達とすれ違いました
まぁね~、ここから唐松岳までコースタイムでざっと7時間くらいはかかるから、あちらに行くならそろそろタイムリミットだよね~(^^:
私はこれから白馬岳の山頂に登って、向こう側に行くんだけどね~

2017.07.白馬岳
ちょうど見晴らしのよい所に出ました

ここからは
2017.07.白馬岳
大雪渓丸見え(笑)
2017.07.白馬岳
それにしても、本当に雪が多いよね!

ビタミンカラー
2017.07.白馬岳
ミヤマキンポウゲに、

2017.07.白馬岳
シナノキンバイ

2017.07.白馬岳
ミツバオウレン

2017.07.白馬岳
タカネヤハズハハコ

2017.07.白馬岳
キバナノコマノツメ

2017.07.白馬岳
多分ミヤマシロチョウ

2017.07.白馬岳
ふぃ~、やっと大雪渓からの分岐まで戻ってきた~(^^;

この後白馬山荘でトイレ休憩し、白馬三山のバッジを買い…
2017.07.白馬岳
いよいよ白馬岳に登ります!
昨日は疲れて、登らなかったんです…だって今日は必ず登るから

2017.07.白馬岳
白馬山荘の創始者「松沢貞逸」翁のレリーフ

2017.07.白馬岳
10時8分、白馬岳山頂到着~!
これで白馬三山登ったぞ~

山頂のロープの向こうは…
2017.07.白馬岳
ブルブルブル…こ、怖いっ
落ちたら死ぬ、落ちたら死ぬ、落ちたら死ぬ…

2017.07.白馬岳
それにしてもいい天気!
立山連峰がばっちりです(^^

2017.07.白馬岳
旭岳
こちらはずっと行くと祖母谷温泉へ行く道がありますが、地図で見ると半端なく時間がかかる…下りでコースタイム9時間
こういうMなコースは健脚な岳人が歩くべきで、私はノーマルルートで十分です

それでは10時20分頃、白馬大池に向かって出発します!
2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
道中お花だらけ!

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
この花なんだろう?
何株か見かけたのだけど…わからない(^^;
B・Yさんから教えていただきました、ツクモグサです!

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
多分クモマベニヒカゲ
ではなく、アカタテハです
同じくB・Yさんから指摘を受けました
教えてくださり、ありがとうございます(^^

2017.07.白馬岳
イワヒバリ

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
タカネツメクサ

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳


2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
チシマアマネ

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
タテヤマキンバイ

2017.07.白馬岳
アオノツガザクラ

2017.07.白馬岳
見たことある花、見たことない花に囲まれての稜線歩き…幸せだ~(^^

2017.07.白馬岳
11時16分、三国境到着~
ここでちょっと休憩です

10分ほど休んで出発します
2017.07.白馬岳
まだまだ続く稜線歩き、白馬大池までずっと続いています
ここ、晴れていれば最高に気持ちいいけど、雨風酷い時は最悪だな…逃げる場所が無くてもろ食らうし、雷の時も逃げ場がない

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
長野側にガスが上がり始めました
今日は午後から雷の予報が出ているんですよね~

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
あ~、あとちょっとで小蓮華山なのに、ガスが…(^^;

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
12時5分、小蓮華山到着~
白馬岳がカッコよく見えるらしいのですが、ガスで何も見えません
5分ほど粘ったのですが、ガスが取れないので諦めて出発します

少し進んで山頂を振り返ると
2017.07.白馬岳
晴れてる…うん、まぁ、よくある「山のあるある」だよね(^^;

2017.07.白馬岳
あ、ヨツバシオガマだ!

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
イブキジャコウソウ
いい香りがするんです(^^
私が見た限りでは、後にも先にもここだけしか咲いていませんでした

2017.07.白馬岳
クモマミミナグサ
これは北アルプス北部の固有種だそうです!

2017.07.白馬岳
ハクサンチドリ

2017.07.白馬岳
基本穏やかな稜線歩きなのですが、地味~にアップダウンがあります

2017.07.白馬岳
12時58分、船越ノ頭到着~

2017.07.白馬岳
白馬大池が見えました!

2017.07.白馬岳
山の中にこんなに大きな池があるなんて、ちょっと不思議

2017.07.白馬岳
どんどん雲が上がってきています

2017.07.白馬岳
チシマギキョウ

2017.07.白馬岳
ミヤマコゴメグサ(ヒメコゴメグサ)

2017.07.白馬岳
だいぶ近づきました
天気も崩れなくて、よかった~(^^;

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
あ、ハクサンコザクラ!

2017.07.白馬岳
最後に雪を渡ります

2017.07.白馬岳
あ~、タテヤマリンドウだ~!(^^

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
山荘の手前は、お花畑!

2017.07.白馬岳
13時48分、白馬大池山荘到着~

早速受付を済ませ、身綺麗にします
2017.07.白馬岳
食堂でゆっくりコーヒーを飲んで、寛ぎます

時間があるので、山荘の周りを散策
2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
イワイチョウ

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳

2017.07.白馬岳
山荘の周りも、お花だらけ!(笑)

2017.07.白馬岳
池の畔で、ぼけ~っとしてます…あぁ、静かだ

2017.07.白馬岳
夜ご飯は、カレー

実は食糧計画に不備があり、この日の昼ご飯はほとんど無しでした(^^;
何でそうなったかと言うと、朝、白馬山荘から白馬鑓ヶ岳までピストンするので、昼ご飯のお弁当は頼まず、戻って来た時に山荘でパンを買おうと思ったんです
これは前回の谷川岳の時、暑さで昼ご飯用のおにぎりが結局食べられなかったのと、あと少しでも荷を軽くしたかったというのがあります
でも白馬山荘ではパンを売っておらず、スカイプラザも営業前Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
本来ならピンチなのですが、これまた前回の経験でゼリー飲料を多く持っていたのと、たまたま白馬山荘前でお話ししたツアーのガイドさんが多めに食料を持っていて、荷物を軽くしたいから逆にもらってほしいと言われていただいたパンがあったので、あとは行動食をプラスすれば問題なしでした

でも固形物が少ないので、エネルギーは補充されているのだけどお腹が満足していないというモヤモヤ感(^^;
それでついつい、おかわりしちゃいました
…でもおかわりは無謀だった、お腹が苦しくなりすぎました(^^;
やっぱり食糧計画は難しい

この晩も、満天の星空
少し窪んでいる地形のせいか余計な光が入ってこず、昨日よりもくっきりと天の川が見えました!

3日目に続く

あと、docomoユーザーにお知らせです
白馬大池山荘では、docomoは圏外です!
乗鞍岳か雷鳥坂辺りまで行けばつながるかもと言っていたので、ご注意ください
北アルプスはどこでもdocomoはバッチリだと思っていたので、ビックリしました



さて、白馬大池山荘から白馬岳・蓮華温泉の分岐の手前に、注意喚起の看板が立っています
2017.07.白馬岳

この看板でわからないことが1つ
左端上部に、「15時までに!」と書いてあるのですが、これはこの先に進むのは15時までにしろってことですか?
それとも、15時までに着くようにしろってことですか?
常識から考えると、15時までに着くようにしろってことだと思うのですが…実際18時頃でも山荘に到着する人を、白馬山荘でもここ白馬大池山荘でも見かけましたし、北岳でも19時過ぎにやってきた人がいたし
アルプスの小屋で怒られている人は見たことないですが、雲取小屋では小屋主さんが怒っていましたけどね

山は早出早着が基本です!
結果的に雷は来なかったですが、雷が来るであろう時間帯にあの遮るものの無い稜線を歩くなんて、恐ろしくて私には出来ない…(--;

スポンサーサイト

コメント

すごい展望!

うは~、垂涎のすごい展望でしたね。これだから「山は晴れてりゃいい休日確定」なんですよねぇ。日頃の行いの違いですねぇ。

シコタンソウは見て見たかった。いや、私が去ったあとに咲いたに違いありません。チョウノスケソウってのはハクサンイチゲとの違いがわかりません~~ 葉っぱが違うようですね。

白馬岳を過ぎて

>この花なんだろう?
何株か見かけたのだけど…わからない

とあったのは、もしかしたらツクモグサかもしれません。私も見ましたが、シーズン的には終わり頃のようです。八ヶ岳と白馬岳くらいにしかないんですって。蝶でクモマベニヒカゲとあったのは、アカタテハかもしれませんね。

小蓮華山は新潟県の最高地点なのですが、おそらく新潟県民の97%は新潟で一番高い山を知りません。

それにしても晴天の稜線歩きとお花いっぱいの山、素敵すぎですぞ。なんでこうも自分のときと違うのか(笑)

Re: すごい展望!


こんにち、B・Yさん!
おかげさまで雷にも遭わず、素晴らしい稜線歩きができました!
(これで雷鳥に遇えていれば、完璧でしたのに…e-330

シコタンソウは、花びらのあの模様がとにかく可愛いいんです(^^
ハナネコノメに通ずる可愛さがあると、私は思っているのですが、B・Yさんももし今度の山行で出会えたら、存分に愛でてください~v-218

あと、お花の名前と蝶の名前を調べてくださり、ありがとうございました(^^
特に蝶は全然分からず、助かりました!
お花も大体何となくは名前が分かるのですが、なかなか覚えきれません。
お花の名前がスラスラ出てくる格好いい女性に、私もなりたいですe-330

No title

悠さん、こんばんは(^^)

花三昧もさることながら、やはり稜線歩きと言ったら眺望が一番ですね。
2日目も天候に恵まれ、感動の稜線歩きが出来ましたね。
天気が崩れれば雷鳥に会うチャンスもあったんだろうと思います。
天気が崩れなくて残念でしたね(≧▽≦)

朝ご飯用のお弁当の包装はなかなか小洒落てますね。
ありきたりのお土産より結構記念になりそうです。

Re: No title


続けてこんばんは、中ノ俣さん!

今年こそは大雪渓か槍ヶ岳かと思っていて、ほぼほぼ槍ヶ岳に決まっていたのに、谷川主脈縦走でこの夏分の冒険心を使い切ってしまい、お花と雷鳥を愛でる計画に変更(笑)
なのに雷鳥には遇えず…天気が良くても遇える人は3回くらい遇っていて、そう言ったら白馬大池山荘の人に言われましたよ、「遇える人はね~、何回も遇うんだけど、遇えない人はホント遇えないよね、ハハハ!」
私「…はははe-263

晴れた日の稜線歩きは、たまりませんよね!
久しぶりに穏やかな縦走路を歩いた気分です(^^
…普段が修行のような山行だと、時たま行うお泊り登山は夢のようで、出来れば夢から覚めたくなかったi-229
お土産は最終日ですv-218

No title

悠さん、こんにちわ。

白馬岳2日目。無事に白馬三山を制覇し、白馬大池までお疲れ様でした。
あの稜線をほぼ独占とは・・・なんて羨ましい~。しかも晴天の中、景色とお花に恵まれて、ニヤニヤがとまりません。

ミヤマオダマキ~!!!群生で見たい~!!!
チョウノスケソウは珍しい~。青レンジャーは、水晶岳のあたりに咲いていた、その1度しかまだ出会ったことがないです。高山植物の宝庫である白馬岳にはたくさん咲いているんでしょうか?
杓子岳でコマクサ咲いてないのかな・・・と思ったら、巻道に咲いているんですね。
白馬岳の頂上は長野県側と富山県側では本当に様相が違うのでびっくりですよね。青レンジャーも恐る恐る下をのぞきこんで、同じことを思いました。

ツクモグサ、出会えたんですねっ!!!
そーとー珍しいお花で、たしか本州では・・・八ヶ岳と白馬岳にしか咲いていないとか。かわええ~お花。
白馬大池周辺のハクサンコザクラもすごい数ですね。

食糧事情、たしかに難しい~。青レンジャーがよくあるパターンは、甘いものとしょっぱいもののバランスが悪い時があります。。。

No title

悠さん

あっちに行って、戻って、こっちに来たわけですね。
タフですねー。
以前、2000どんだけ以上は高山病の気があるってたのは吹き飛んでますね。
素晴らしい夏の白馬を満喫されたようで。

剣の右は毛勝三山ですね。

で、食料ですが、
荷を軽くしたくても、食料だけは削らない方がいいです。
何かあった時はもちろんですが、結構バテてる人ってシャリバテが多いんですね。
多めに持って行って、ちょこちょこ口に運んで軽量化してください。

最近は山小屋でもよほどでない限り怒られたりしませんね。
昔は結構オヤジ(小屋の主人)の怒鳴り声が聞けたんですけどね。
でも、怒鳴られないことで間違った経験値を積んでしまうので、それが明暗を分けたりする時が来るかもしれないです。
っつーわけで、遅くとも14時までには行動を終えることが大事です。

Re: No title


おはようございます、青レンジャーさん!
今回平日に行ったので、空いている白馬を満喫できました!
やっぱり、混むお山は平日に限る…(^^;

白馬岳では青レンジャーさんが好きなミヤマオダマキが、たっくさん咲いていましたよ!
チョウノスケソウは珍しいのですか?
南アルプスで結構見かけていた気がします。
ツクモグサは蕾だったり、咲いていてもお花が反対側を向いていたりして、なかなかその姿をきちんと確認できなかったんですが、白馬岳から三国境までの間に3~4回、見かけました。
ツクモグサって、お花に薄く毛が生えているんですよね。
まるでモヘアのセーターを着た女の子みたいで、とても可愛かったですe-343
出会えてよかった(^^

食糧計画ですが、いつもだったらもう少し食料を持っていたんですよ。
でも今までどこの山荘でもパンとか売っていたから、国内最大級の白馬山荘ならパンを売っていると思い込んだんですよ。
そうしたら売っていなかったんですね~(^^;
○○バーみたいなものも売っていなくて、ちょっとびっくりしました。

ただ谷川岳の経験から、バテてもエネルギー摂取が簡単なゼリー飲料を多く持っていたのと(これが重かったe-263)、即エネルギー変換可能な羊羹系と行動食があったので、なんとかなりました。
善意の「パン御裾分け」もいただいたので、大変助かりました!
ツアーのお兄さん、どうもありがとうございました!

Re: No title


おはようございます、目目連さん!
あっち行って戻って、こっちに行きました…前日あの稜線を見た時には、「…やっぱり止めようかなe-263」と心が萎えました(^^;

以前、甲武信ヶ岳を登った時に一気に登ったら若干頭痛が出たので、それ以来高山はゆっくり登るようにしています。
おかげで今回も体調不良になることなく、さらにお酒まで飲んじゃっても大丈夫なくらい、高所に慣れました(笑)
でも油断は禁物ですから、これからも十分気をつけようと思います!

食糧計画ですが、実は山を歩き始めた頃と最近で比べると、少し食べられる物とかが変わってきているんです。
以前だったらお握り一辺倒だったのですが、最近傾向が変わってきていて、自分でも「あれ?」と思っていた矢先の谷川主脈縦走で、お握りを受け付けなくなっちゃったんです(^^;
なのでパンを主軸に考えようと思い、せっかく国内最大級の山小屋で物資も豊富だろうから、それを利用しようと思ったら売っていなかった、と(^^;
やっぱり、他人を当てにしちゃいけませんねe-330
優しいお兄さんがお裾分けしてくださり、助かりました!

今はもう山小屋で怒る人って、農取小屋のおじさんしかいないのかもしれません。
理不尽に怒られるのはたまりませんが、山を歩く上で間違ったことをした時に怒ってくれる人は、とてもありがたい存在なんですけどね~e-330
山小屋に18時着って駄目だろう!って、私も思います。
白馬の稜線歩きは素晴らしかったですが、あそこで雷が来たらと想像するとゾッとします(--;
本当に遮るものが何一つありませんものね…ぶるぶるぶる、怖いっe-330
Secret

プロフィール

悠

Author:悠
基本は山に行った時の事を、それ以外は日々の呟きのようなものを、伝えていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR