FC2ブログ

甲斐駒ケ岳



…タイトルを考えるのに、半日使ってしまった(^^;
結局山の名前だけになってしまったのですが、私にとってこの「タイトルを考える」という作業が、ブログをアップするうえで結構重要です
このタイトルがすんなり出てくると、ブログ本体もすらすら打てるのですが、これが出てこないとかなり苦しみます(^^;

ということで、甲斐駒ケ岳に行ってきました!
2017.09.甲斐駒ケ岳
実に岩々しい山でした





甲斐駒ケ岳に登るため、前日に仙水小屋に泊まります
2017.09.甲斐駒ケ岳
ここでは南アルプス天然水が、それはもうジャバジャバと流れていました!

2017.09.甲斐駒ケ岳
晩御飯にお刺身が出てくるのですよ!

そして朝ご飯はこちら
2017.09.甲斐駒ケ岳
甲斐駒ケ岳に登る登山者のために、朝ご飯は4時でした
この時間は季節によって、変動するらしいです

まだ暗い中出発し、樹林帯を抜ける頃には
2017.09.甲斐駒ケ岳
このように明るくなってきていました

2017.09.甲斐駒ケ岳
あそこの一番窪んでいるところが、仙水峠

2017.09.甲斐駒ケ岳
樹林帯を抜けるとガレ場になり、ほどなく仙水峠です

仙水峠からは
2017.09.甲斐駒ケ岳
鳳凰三山のオベリスクや

2017.09.甲斐駒ケ岳
摩利支天が見えます

2017.09.甲斐駒ケ岳
雲が多いですね~(^^;
この日は午後から天候が崩れるらしいので、午前中に即行行かないと…!

仙水峠からは駒津峰まで一気に登ります
2017.09.甲斐駒ケ岳
目の前に栗沢山
今年、南アルプス天然水のCM撮影で宇多田ヒカルが登ってから、注目度アップした山

2017.09.甲斐駒ケ岳
今日もミヤマコゴメグサが咲いている

2017.09.甲斐駒ケ岳
これはミヤマシャジンだと思う

ホウオウシャジンは、鳳凰三山の固有種だから…
2017.09.鳳凰三山
うん、全然違うね!

2017.09.甲斐駒ケ岳
登っていく途中で、富士山が見えました!

2017.09.甲斐駒ケ岳
鳳凰三山にはまだ、雲がかかっていません

2017.09.甲斐駒ケ岳
駒津峰に到着しました!

2017.09.甲斐駒ケ岳
目の前に、どーん!と甲斐駒

2017.09.甲斐駒ケ岳
鋸岳…険しそうです(^^;

2017.09.甲斐駒ケ岳
この後大きな岩がゴロゴロと出てきます!

2017.09.甲斐駒ケ岳
う~ん、ガスってきてる…何とかお天気もってくれると嬉しいな

2017.09.甲斐駒ケ岳
8合目
ここで休憩を取ります、何故なら…

2017.09.甲斐駒ケ岳
このすぐ先で、巻道と直登コースに分かれるからです
はい、直登コースへ行きました(^^;
持っていたカメラ、ウェストポーチをザックに入れ、いざっ!
…めっちゃ怖かった(涙)

特に一番初めの関門が…乗り越えた時、「…もう戻る道は断たれた…後は何があろうと前に進むしかないっ(涙)」と、覚悟を決めました
結構皆さん、普通に登っているようですが、私には怖かったです
三点支持が出来ていれば問題ないのでしょうが、私はチキンでビビりなんです(^^;
やっぱり登る前に、自分が滑落するイメージをかなりリアルに想像したのが、よくなかった…○| ̄|_

2017.09.甲斐駒ケ岳
そして山頂です!
無事に着いてよかったよ~。゚(゚´Д`゚)゚。

2017.09.甲斐駒ケ岳
景色も何とか、見れました(^^

2017.09.甲斐駒ケ岳
神様、どうもありがとうございます!
この上は、無事の下山までどうかよろしくお願いします

2017.09.甲斐駒ケ岳
と言うことで、下山です

2017.09.甲斐駒ケ岳
バスの時間が迫っているので、摩利支天には寄りません

2017.09.甲斐駒ケ岳
取りあえず、右手に見える駒津峰まで戻らないと…途中岩々しているから、時間配分に気をつけつつ安全に行かないとね!

2017.09.甲斐駒ケ岳

2017.09.甲斐駒ケ岳
急ぎ急いで、直登と巻道の分岐地点まで戻ってきました!

2017.09.甲斐駒ケ岳
直登コースは、ガスに包まれ始めています

2017.09.甲斐駒ケ岳
10時50分、駒津峰到着~
バスまであと2時間半、コースタイムは1時間50分
コースタイムだけ見れば間に合いそうなんだけど、そこは急登の南アルプスなので、決して気を緩めません!

2017.09.甲斐駒ケ岳
前方の双児山…登り返しがあるんだ~(^^;

2017.09.甲斐駒ケ岳

2017.09.甲斐駒ケ岳
11時25分、双児山到着~
なんとかなるか?

途中写真を撮る余裕もなく…
2017.09.甲斐駒ケ岳
13時、北沢峠に下山しました!
間に合った~(^^;

2017.09.甲斐駒ケ岳
広河原でバスに乗り継いで

2017.09.甲斐駒ケ岳
16時前に、甲府に到着~!
いやぁ~、南アルプスはこの『バスに乗り遅れるとアウト』というハラハラドキドキが、キツいです
林道、時間が来るとゲートが閉まっちゃうしね…ホント、もうちょっとどうにかならないかなぁ
でも、そのおかげで北アルプスより静かなんだけどね(^^;

今回甲斐駒ケ岳を登って、これで南アルプス北部の比較的行き易い山は全部、行っちゃいました
…まだ農鳥岳が残ってはいるけどね、今はまだちょっと行く気になれない(^^;
南アルプスの南部はな~、登山口にたどり着くのに1日カウントしなければならないから、本当に厳しい
まぁ、いずれぼちぼち、行きますか!

スポンサーサイト

コメント

No title

悠さん、こんにちは。

南アルプス、、、続きますね(^o^)
直登の岩登りとバスの発車時刻の両方のスリルを楽しまれたようですね(^^;
雨に降られなくてよかったです。

いつかは黒戸尾根!なんて思ってましたが
年月だけが過ぎ去っていきます(^^;
もう無理っぽいですね。

甲斐駒~

悠さんこんばんは!

冒頭の

>…タイトルを考えるのに、半日使ってしまった

そうですか、それは悩まれましたね。出てこないときは出てきませんね、そういうのはよくあることです。

私は毎度仰々しいタイトルをつけていますが、その山を歩いているときに浮かんでくることも多いのですが、山行前にすでにタイトルが出来あがっていたりもします。それくらいのイメージを描いて山に行きます。

仙水小屋に泊まられたのですねぇ、うらやましい。水は豊富そうですが、さすがにお風呂やシャワーなどはなっかったでしょうか。

私ももう10年前になりますが、甲斐駒行きました。甲斐駒こそ、ぜひ晴れた日に行くべき山です。あんな白い花崗岩でできた山なんてあんまりないですよね?あれがまた青空に映えるんですよ。まるで雪の山頂のように。ぜひ次回は黒戸尾根を上がって、青空の山頂を味わってみてください(笑)

Re: No title


こんばんは、中ノ俣さん!
続きましたね、南アルプス(笑)

直登のスリルも、バスの発車時刻のスリルも、味あわずに済むならそれにこしたことはないです(^^;
岩場のスリルなんて、いつも登り始めてから「なんで私このコース選んだんだ?」と自分で自分を責めるのですが、すぐに忘れて次の道に挑戦しちゃっているんですよねe-330
どうやら、そこを越えていくために自分の全神経を集中している状態が楽しいみたいです、怖いけど(^^;

黒戸尾根も登ってみたいのですが、直登コースにビビっているようでは、私には無理、多分…でも、中ノ俣さんなら行けるのでは?
体力は当然必要ですが、刃渡りだのヤセ尾根だの歩くのに必要なのは、強靭な精神力だと思いますので!v-218

Re: 甲斐駒~


こんばんは、B・Yさん!

タイトルや冒頭の話って、スラスラ出てくる時もあれば、今回のように苦しむ時もあります。
B・Yさんが仰っているように、歩いている時に浮かび上がってくる時もあります。
こんな時、作家さんって大変だよな~と、しみじみ感じます(笑)

仙水小屋は水がとても豊富ですが、さすがにシャワーはありません(^^;
私は汗っかきなので山行後には必ずお風呂に入りますが、男性陣だと河原で汗を流してさっぱり!なんてことができるので、その点は羨ましいです。
頭から水をかぶって、という動作にも憧れますが、女性ではなかなかいませんよね(^^;
髪の毛が長いのもネックになりますし、いっそのことベリーショートにしてしまいたくなります…似合わないからしないけどe-263

白い花崗岩の山頂は、晴れていると眩しいです。
写真では雲が多いのですが、実は山頂付近だけ晴れていたのでとても眩しくて、思わずサングラスをかけました(^^;
最近、太陽の照り返しが目にキツイ…トシだな!<(`^´)>
トシなので、黒戸尾根は登れないと思います(笑)←えばるなi-235

No title

悠さん、お早うございます。

次は甲斐駒ですか~。悠さん精力的に山登りされていて凄いですね~。

甲斐駒って、みなさん何気なく登られているように感じるんですが、案外急で険しいんですよね。。。
私が以前登った時、おそらく妊娠7~8ヶ月くらの妊婦さんが登られていて、ぎょっとした思い出があります。他のお山でもえっ?と思うのに、なぜ甲斐駒なんでしょうか???・・・妊婦さん、大丈夫だったでしょうか?

仙水小屋は南アルプスの天然水がたくさん流れていて、冷たくて美味しいですよね。悠さんは仙水峠からあの急登を登られたんですね。。。ううう。。。けっこうしんどかったですよね。そして、広河原経由の時間厳守のバス乗り継ぎの旅もお疲れ様でした。。。

No title

悠さん

今年はガシガシ行きますねー。
って、十分そのレベルに達してるってことですね。

直登ルートをがんばったわけですね。
だんだん慣れて来たと思うので、来シーズンあたりは槍・穂高や剣にも挑戦してみてはいかがでしょう。

Re: No title


こんばんは、青レンジャーさん!
ちょっと南アルプスが続きました(^^
これでようやく、心置きなく北岳に登れます!
北岳から見た時に登っていない山が目の前にあると、登らなきゃいけない気がしてきそうで、モヤモヤしていたんですよね~e-330

それにしても、甲斐駒って結構急で険しかったです…特に直登は(^^;
直登コースでなくても険しいのに、妊婦さんって…いやいや、それは無謀でしょうe-263
確かに安定期だけど、それは平地での話であって、山道は危険すぎます…お腹だって張りやすくなってくるし、早産の危険性だってあるし、第一体形が変わってバランスが取りにくくなっている状態で、滑落したらどうするんでしょう…青レンジャーさん、相当驚いたでしょうね(^^;
人ってあり得ないものを見ると、思わずガン見しちゃいますよね!e-330

仙水小屋では南アルプス天然水がジャバジャバで、非常に贅沢な小屋でした(笑)
仙水峠から駒津峰まで一気に上がるので、結構きつかったです(^^;
そして、バスに間に合わせるために必死に歩くのも大変でした…最悪、もう1本後でも大丈夫なようにはしていましたけどね、帰りが遅くなっちゃうんですよ。
広河原でバスに乗り継いだ時どうしてもトイレに行きたくて、乗り換え時間がほとんどなかったけど、バスの人に「3分で帰ってくるから!」と叫んでトイレに走りました(笑)
だって、広河原から甲府まで2時間くらいかかるんですもの(^^;

Re: No title


こんばんは、目目連さん!

今年そんなにガシガシ登っていますかね?
…登っていますね、あはは(^^;

直登ルート、皆さんウキウキと登っているようですが、私は怖かったです。
原因は、ザックに詰めたカメラとウェストポーチです。
ザックのバランスがそれまでと変わったところで、ザックをひっかけたら落ちそうな岩場の通過だったので、ものすごく緊張を強いられましたe-263
でも、ウェストポーチが出ていたら多分引っかかっていたと思うので、仕舞ったのは正解だったんです。
間違えたのは、仕舞うタイミングですね。
う~ん、貴重品類や地図の持ち歩きの方法を、ちょっと考えた方がいいかもしれません(^^;

槍・穂高・劔…私の技量ではまだまだですよe-330
命綱くださいって、言っちゃいそうです(笑)
Secret

プロフィール

悠

Author:悠
基本は山に行った時の事を、それ以外は日々の呟きのようなものを、伝えていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR