FC2ブログ

晩秋の尾白川渓谷


丹沢・鍋割山を歩いた日から遡ること、1週間前
11月16日、尾白川渓谷を散策してきました

2013.11.尾白川渓谷

10月の終わりに、夫と一緒にこの近くの日向山に登った時は、紅葉が真っ盛りでした
(日向山 ~山上のビーチ~)

日向山から2週間…紅葉は終わりかけ、山は静かに冬を迎えつつありました

そしてこれがおそらく今年最後の、紅葉便りです





今回の同行者は、『姉』です
今まで共に歩くと、雷が鳴って撤退したり、絶景ポイントでも富士山が見えなかったり、といろいろありましたが、今回もいろいろ起きました、しかもダブルです


まず一つ目!

今回は遠いので、姉も始発電車に乗せました
神田で中央線をつかまえて、立川始発の甲府行きに乗る、予定でした

四ツ谷辺りで車内放送が入ります
『中央線は三鷹駅で人身事故が起こり、この後運転を見合わせます…』
なに~っ!

乗っていた電車が、とりあえず新宿までたどり着いて停まります
事故が起きたのは中央線各駅停車なので、快速は運転を再開していきます…って言われても、立川6時43分発の甲府行きには、間に合いそうにない…

実は中央本線富士見駅に、10時前には着きたかったのです
さぁ、どうする!?

2013.11.尾白川渓谷
新宿7時発松本行き、スーパーあずさ1号
これで甲府まで行き、そこから在来線に乗り換えよう

甲府着予定が8時28分
甲府発松本行きが8時53分
富士見着が9時51分の予定
よし、いける!
(何故一直線に富士見まで行かなかったかというと、少しでも交通費を安くしたかったからです

甲府駅、松本行き電車
2013.11.尾白川渓谷
人身事故のせいでダイヤが乱れまくり、甲府に着いたのが8時48分…ぎりぎりでした(^^;

甲府盆地は曇っていて、姉がっかり
せっかく遠くに来たのに~と言っていましたが、雲の流れる方向を見ていると、甲府盆地を出れば晴れそうな予感

2013.11.尾白川渓谷
ほらね!
甲斐駒、かっこい~

車内から、八ヶ岳
2013.11.尾白川渓谷
この写真、進行方向の左側の窓から撮りました
八ヶ岳が左側の窓から見れるのは、この区間だけじゃないでしょうか

2013.11.尾白川渓谷
甲府駅を出てからも、ダイヤの乱れに悩まされましたが、なんとか9時56分に富士見駅到着~


ここで、2つ目の事態発生
実は、今回の山行きの最初の目的地は、『入笠山』でした

交通費、かけたくな~い(ホリデーパス使用)
でも近くは嫌~
ケーブルやロープウェイがあるといいなぁ(膝が心配なため)
絶景が見た~い
温泉入りたいよね~
歩くのはいいけど急な山はムリ
行ったことのない山に行きた~い

という姉の要求に対して、いろいろ提案しました

那須・茶臼岳…新幹線使用だから
谷川岳…は、もう雪だな(^^;
奥多摩・御岳山、高尾山、筑波山、金時山、岩殿山…行ったことあるから
大山…近いから
大菩薩嶺…今度旦那を連れて行く予定だから
三つ峠山…表は駅からかなり歩くし、裏からだとあまり歩かないから

…どの山に登るのよ
と思いつつも、選んだのが入笠山でした

ここは冬は富士見パノラマスキー場になるので、ゴンドラリフトがついているし、駅まで送迎バスが出ているので、富士見駅まで行けば大丈夫だし…ということで、送迎バスが出る10時までに、富士見駅に着きたかったのです

が、10時になってもバスは来ません

駅前の観光案内所で、話を聞きます

「あぁ、富士見パノラマスキー場は、今休業中です」
何~!?
 
夏山シーズンとスキーシーズンの間は、お休みするんですと
夏山とスキーの間には、紅葉シーズンというものが存在するはずなのに…がっかり

すっかり力が抜けてしまいましたが、ガッカリばかりしていられません!
せっかく遠路はるばる山梨まで来たのですから、とにかく何処かに行かないと!
いっそのことタクシーで入笠山に行こうかと思ったのですが、この時期行ったら熊しか遭わないよ、と言われたので(^^;

ならばどうするか
帰りは小淵沢16時15分発の、ホリデー快速ビュー山梨号に乗ることを考えると、行動の基点は小淵沢です
八ヶ岳に足を伸ばすことを考えたのですが、地図がないのと時間がないので却下
そこで浮かんだのが、尾白川渓谷

そこなら、私は尾白川渓谷の入り口までは行ったことがあるから知っているし、道路も途中の道までは日向山に行く時と一緒だし、第一姉は行ったことがない!

そこで小淵沢に戻り、レンタカーを借りて出発です

2013.10.日向山
この前はこの分岐を右に行きましたが、今日は左です

竹宇 駒ケ岳神社の駐車場
2013.11.尾白川渓谷

2013.11.尾白川渓谷
あ、ここで日向山のバッジが買えるんだっけ!
ということで、バッジ購入

渓谷に向かって歩き始めると
2013.11.尾白川渓谷
まだ何とか紅葉が残っていました
姉、大喜び

2013.11.尾白川渓谷
ほう、ここから矢立石駐車場に行けるんですね

神社でお参りしてから横を抜けて、吊橋まで来ました
2013.11.尾白川渓谷
定員5名…

2013.11.尾白川渓谷
橋の上から

分岐です、右に進みます
2013.11.尾白川渓谷
左に行くと甲斐駒かぁ…いいなぁ

2013.11.尾白川渓谷
この階段も5名定員

2013.11.尾白川渓谷
透き通った滝つぼ

2013.11.尾白川渓谷

2013.11.尾白川渓谷
綺麗だ!

そして
2013.11.尾白川渓谷
でました、この看板
私達、登山装備だから!
はるばる千葉からやって来たから、この格好で

『登山道』を進んでいくと
2013.11.尾白川渓谷
うわぁ

2013.11.尾白川渓谷
階段を登り

2013.11.尾白川渓谷

2013.11.尾白川渓谷

2013.11.尾白川渓谷
綺麗です…が、寒い(^^;
水の近くに行くと、涼しいどころの話ではなく、寒い
夏に歩きたい道ですね

2013.11.尾白川渓谷
左に行くそうです

2013.11.尾白川渓谷
今回は神蛇滝まで行って、尾根道で戻ってきます

2013.11.尾白川渓谷
あの滝つぼ、どのくらいの深さだろうか

2013.11.尾白川渓谷
とにかく、階段が多い!
あたりまえか、渓谷沿いを歩いているんだから

神蛇滝に着きました
2013.11.尾白川渓谷

2013.11.尾白川渓谷

2013.11.尾白川渓谷
崖っぷちにこれ以上近寄れません

2013.11.尾白川渓谷
ピンクのラインが、日向山の時のルート
緑ラインが今回のルートです

2013.11.尾白川渓谷
この道を進むと、不動滝そして日向山ハイキングコース

2013.11.尾白川渓谷
今回は尾根道コースで戻ります

2013.11.尾白川渓谷
落ち葉が積もって、道がちょっとわかりづらい所もあります

2013.11.尾白川渓谷
そんな時はちゃんと案内が

ここは…!
2013.11.尾白川渓谷
甲斐駒へと続く、黒戸尾根への道…この道を進めたら!
憧れを胸に、今日のところは帰ります
でもいつか必ず…!

行きに通った吊橋の上から
2013.11.尾白川渓谷
日が傾いています

2013.11.尾白川渓谷
駒ケ岳神社で、無事下山の報告と無事帰宅のお願い(笑)

2013.11.尾白川渓谷
秋だなぁ~

小淵沢駅に戻る途中で、八ヶ岳がくっきり
2013.11.尾白川渓谷
姉、またしても大喜び

小淵沢駅まで戻り、ホームで電車を待ちます
2013.11.尾白川渓谷
あれは小海線だね
甲武信ヶ岳の帰りに乗りました

ホームの売店で、昔懐かしの土瓶のお茶
2013.11.尾白川渓谷
ものすごくレアなのはわかるけど、買って帰って何に使う?
第一重いよ、と自分に言い聞かせて、買うのを堪える(笑)

2013.11.尾白川渓谷
ホリデー快速ビュー山梨号

自由席の車内
2013.11.尾白川渓谷
がら空きです

がら空きな車内をいいことに、右に左にと席を移動して、写真を撮りまくる(笑)
2013.11.尾白川渓谷
甲斐駒

2013.11.尾白川渓谷
鳳凰三山(多分)

2013.11.尾白川渓谷
八ヶ岳

2013.11.尾白川渓谷
富士山

2013.11.尾白川渓谷
金峰山(多分)


帰りは何事もなく、ほぼ定刻どおり新宿につき、ほぼ予定通り帰れました
朝からのトラブルの割には、結構充実した時間が過ごせたと思います

それにしても、姉と行くといつも何かしらおきるのは…気のせいだと思いたい
気のせいじゃないと、大変だもの(^^;

スポンサーサイト



コメント

すごい行動力!

こんばんは。

アクシデントにもめげず、千葉から電車で尾白川渓谷をレンタカー利用で日帰り、エネルギッシュ過ぎます(笑)

紅葉がキレイでしたね~。青空に紅葉はなお映えますし、日頃の行いのよさでしょうか。写真がまた多いですね~(負けます)

甲斐駒ケ岳はまだ行かれていなかったでしょうか。あの山頂は日向山よりすごいですからね~。私は両方行きましたが、甲斐駒の方が感動的ですよ。楽しみに取っておいてください(^^)ちなみに私は北沢峠から行きました。

尾白川渓谷の近くには、シャトレーゼという食品会社のアイス工場がありまして、昔は見学者はアイス食べ放題だったのですが、今はどうでしょうか。あと、サントリーのウイスキー工場もあるはずです。

No title

悠さん こんにちは

今回は渓谷便りですね。いいです、渓谷大好きです!さよなら渓谷です???

渓流にある水たまり綺麗ですよね。透明感があって、うわぁ♡ 夏場は浸かると気持ちいいです。悠さんも夏になったら試してみてください。気持ちいいですよ! 

関東もたくさん見所あっていいですね。僕も早く関東遠征行きたいです。



Re: すごい行動力!


こんばんは、B・Yさん!

> アクシデントにもめげず、千葉から電車で尾白川渓谷をレンタカー利用で日帰り、エネルギッシュ過ぎます(笑)
本当ですよね(苦笑)
なんだかもう、ここまで来たのに山を歩くことなく帰るなんて、絶対にイヤだったんです(^^;
当初の予定とは違ってしまいましたが、姉の『贅沢な』要望にも何とか応えられたかと思います。

甲斐駒はまだ登っていないんですよ~。
来年の夏には、行きたいです。
アクセス方法などを検討しているのですが、北沢峠が一般的ですよね。
でも黒戸尾根も歩きたい道なので、迷います~(^^;
来年まで時間があるので、たっぷり悩むことにします(笑)

ちなみにシャトレーゼの工場は行った事ありませんが、サントリーのウイスキー工場は行ったことあります。
山梨方面は、よくドライブで出かけましたから(^^

Re: No title


こんばんは、kouさん。

渓谷も、時間をとってゆっくり見たいものですよね。
今年の夏に登った甲武信ヶ岳、山梨側には西沢渓谷という有名な渓谷があります。
時間があれば見てみたかったのですが、甲武信ヶ岳に登るコースタイムが6時間で、スタートが10時頃でしたから、とてもじゃないけど見れませんでした。
次回はゆっくり西沢渓谷だけを、見に行きたいです。

夏場、渓流は気持ちいいですよね!
私も何度、頭から突っ込みたいと思ったことか(笑)
歩き疲れた足を水に浸したら、最高に気持ちがよさそうです!

Kouさんの関東遠征、車で来ると思うので、その時は十分気をつけてくださいね!
凍結などなど、怖いですからね~。

No title

悠さん、こんにちは。

色々と大変だったのですね。
以前もお姉さまと一緒だと、富士山が見れないとか、アクシデントがよく起こるというレポを拝見した事がありましたが、今回も起こってしまったのですね(笑)

入笠山は、11月中旬だと紅葉は既に終わっているので、尾白川渓谷に変更されて正解だったように思います。紅葉を見に行かれる予定でしたか?
尾白川渓谷の紅葉や滝つぼ、すごく素敵です。

甲斐駒ケ岳、カッコいいですよね!!雪をまとって、より一層カッコよく見えますね(^_^)

Re: No title


こんにちは、たまねぎさん。
コメント、ありがとうございます。

そうなんです、姉と行く時ってなぜかいろいろ起きるので、何もなければいいなぁと思っていたら、電事故(それも人身e-263)にぶつかり…更に入笠山は閉まっており(笑)
一応ネットで調べてはいたのですが、見落としていたようです。
同じ電車に乗っていた女性2人組みの観光客も、ネットで調べて入笠山に行こうとしていたらしく、がっかりしていました。

紅葉は見れたらいいな、くらいで、どちらかというと絶景を見に行きたかったのです。
でも、誰もいない山に姉と2人行って、熊と仲良く…は出来ませんので、やめました(^^;
結果的に尾白川渓谷に変えたことで、紅葉の方を楽しんできました。

でも、途中で八ヶ岳や甲斐駒なども見れたので、満足いく時間が過ごせたと思います(^^v

No title

悠さんこんばんは!!

短期間に二度の尾白川渓谷でしたね。

神社から定員5名の吊り橋ありますよね。
その橋の下から見える渓谷ですか?

私はあの場所で三浦春馬君の「おーいお茶」
のCMが撮られたのだと思ってるのですよ。

私が橋の上から撮影した渓谷写真と
CMのカットでピッタリ来る場面がありましたので・・。

ですが美しい渓谷ですね。
エメラルド色の深い色合いに魅了されて
しまいます。

紅葉も聞くと今年は夏が暑かったせいか、
色づきはいまいちだとか、出会うハイカー
さん達は仰ってましたが、それでも充分に
美しいですね。

春、鳥たちのさえずりが賑やかな時にも
歩いてみたいですねー。

Re: No title


こんばんは、かずろうさん!

尾白川渓谷は、以前家族で遊びに来たことがあります。
その頃はまだ山もやっていませんでしたので、奥には行けず、手前の吊橋辺りで遊びました(^^;
まさかその道を、こんな形で歩くことになるとは、思いもしませんでした(笑)

> 神社から定員5名の吊り橋ありますよね。その橋の下から見える渓谷ですか?
はい、そのとおりです(^^

> 私はあの場所で三浦春馬君の「おーいお茶」のCMが撮られたのだと思ってるのですよ。
> 私が橋の上から撮影した渓谷写真とCMのカットでピッタリ来る場面がありましたので・・。
なんと!
こういう楽しみもあるんですね!(^^
自分の知っている風景がTVで出てくると、その時の思い出がぶわぁっと甦りませんか?

> 春、鳥たちのさえずりが賑やかな時にも歩いてみたいですねー。
新緑と渓谷と…想像しただけで、わくわくしてきます!
今度は、尾白川渓谷から日向山まで行ってみたいですね~(^^
Secret

プロフィール

悠

Author:悠
基本は山に行った時の事を、それ以外は日々の呟きのようなものを、伝えていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR