FC2ブログ

初冬の尾根道 ~奥多摩・浅間尾根 Ⅰ~


太平洋側は晴れ、日本海側は雪になる、冬型の気圧配置
関東に住む人間にとっては、冬の陽だまりハイクの日々が始まります

少し風が吹く予報が出ていた12月14日
奥多摩・浅間尾根を歩いてきました

この道は、我が家とリンクしているB・YさんのHP『B型人間のアウトドア』でも紹介されていて、私自身B・Yさんから『いい道だよ~』と教えていただいていました

2013.12.浅間尾根




朝7時頃の武蔵五日市の駅
2013.12.浅間尾根
数馬行きのバスに、ハイカーが12人ほど乗りました
皆さん好きだね~(お前もな!)

今日のスタートは、払沢の滝入口バス停から
2013.12.浅間尾根
ちなみにここで降りたのは、私と年配の男性のみ
その男性は、大岳山方面に行きました

2013.12.浅間尾根
バス停向かい側の道に行きます

すぐに分岐
2013.12.浅間尾根
左に行くと払沢の滝です
払沢の滝に、行こうかどうしようか迷ったのですが…この季節に行っても寒いな、と思って行くのをやめました(^^;

2013.12.浅間尾根
舗装路を歩いていくと、登山道の入り口があります

2013.12.浅間尾根
日影で寒っ!
この時気温4度

2013.12.浅間尾根
一度舗装路に出て、また登山道です

再び舗装路
2013.12.浅間尾根
なんと、トイレがあります
トイレがあると、嬉しいです
きっと数多くのハイカーを、助けてきたことでしょう

鈴なりの柚子
2013.12.浅間尾根
もうじき冬至です
冬至には、柚子湯に入らなければ

この後、時坂峠に行く登山道入り口があったはずですが
2013.12.浅間尾根
こちらの景色に気をとられて、行き過ぎました(^^;
そのまま舗装路を歩きます

落葉した木と、紅葉した木と、常緑樹、そして空の青
2013.12.浅間尾根
綺麗…

時坂峠から来た道との合流地点
2013.12.浅間尾根
浅間嶺に向かいます

茶屋です
2013.12.浅間尾根

2013.12.浅間尾根
柚子を売っています
1個20円…どうしよう

重くなるからなぁと思って、一度は諦めたのですが…柚子2個くらいなら問題ないよね!
 茶屋のご主人(おじいちゃん)『で、お嬢さんはいくつ買うの?』
  私 『2個ください』
 ご主人『じゃあ、60円だね』
  私 『あれ?ひとつ20円ですよね』
 ご主人『? あぁ、じゃあ3個だ』
  私 (? まぁいっか、1個多いけど、60円用意しよう)
 ご主人『はい3個』
  私 『はい、60円ですね』
 ご主人『60円…じゃあ、あと2個おまけだ』
  私 (えっ!?

つまり茶屋のおじいちゃんは、最初からおまけをつける気だったのです
さらに、よりいい柚子を選別してくれたので、丸々と大きい柚子が5個…

 ご主人『お茶でも飲んでいくかい?』
さすがに先が長いので、丁重にお断りいたしました(^^;
でも、今度下山口を払沢の滝にしたら、ゆっくり寄ってみたいな~
おじいちゃん、どうもありがとうございます(^^

茶屋を出てすぐに分岐があります
2013.12.浅間尾根

浅間尾根の方に行くと
2013.12.浅間尾根
ここが有名なお蕎麦屋さんですね
ここも寄りたいお店です

お蕎麦屋さんを通り過ぎて、いよいよ山道に入ります
谷筋をどんどん歩いていくと
2013.12.浅間尾根
空が開けてきました

2013.12.浅間尾根
枝越しに見えるのは、大岳山と御前山

2013.12.浅間尾根
ほほぅ、この辺りでもカタクリが咲くんですね
今度の春は、ここに来てみようかな

2013.12.浅間尾根
枝越しに集落が見えます

大岳山もくっきり
2013.12.浅間尾根
つづら岩経由大岳山ってルートも、いいかもしれません

北側斜面を歩いているので、暗い雰囲気です
2013.12.浅間尾根

2013.12.浅間尾根
地面は凍っているし、霜柱はザックザク

2013.12.浅間尾根
でも、道はこれからこれから

分岐に来ました
2013.12.浅間尾根
展望台経由で浅間嶺に向かいます
ちなみにこの写真の上の方に向かうのですが、落ち葉が多くて、よく目を凝らさないと道が判り辛いです(^^;

間違っていなかった証拠の、道標が見えてきました
2013.12.浅間尾根

2013.12.浅間尾根
松生山コースは、バリエーションルートです
自己責任でお願いします

私はこっち
2013.12.浅間尾根
細~く道が見えるでしょ(笑)

左側には
2013.12.浅間尾根
本日初富士山

そしてすぐに展望台に着きます
南西の方角には
2013.12.浅間尾根

2013.12.浅間尾根

北には
2013.12.浅間尾根
御前山と湯久保尾根

浅間嶺の標識
2013.12.浅間尾根

看板の奥に富士山
2013.12.浅間尾根
富士山を十分に堪能しました(^^

浅間麗を離れ、休憩所のほうに下りてきました
ここの標識の
2013.12.浅間尾根

2013.12.浅間尾根
これにだまされた…orz

道は休憩所方向にあると思ったのですが、上の方の写真、写真真ん中辺りの道標の後に、うっすらと道が見えませんか?
実は尾根を登ると浅間神社があって、神社から登山道に出る道もちゃんとあったのです
ちゃんとご挨拶したかったのに~

休憩所です
2013.12.浅間尾根
かなりの人が休んでも、大丈夫なくらい広い!

2013.12.浅間尾根
ここからは、風張峠に向かってひたすら歩きます

いよいよ浅間尾根縦走の始まりです
どんな道か、楽しみです!

続く
スポンサーサイト



コメント

No title

悠さん こんばんは

あはっ お嬢さん、僕のすぐ近くを歩いていたんですね。スゴイですね、偶然ですね! 会えたら良かったですね (^-^)

悠さんの撮った富士山綺麗です。あの逆光のなかスゴイですね。僕なんかすぐに諦めました。

もしかして、黒いショートカットの単独女性、悠さんなわけないですよね。尾根、違いますもんね。

続き楽しみにしてます。

Re: No title


こんばんは、Kouさん!

本当にすごい偶然!
あの時、向かい側に見ていた尾根を、Kouさんが歩いていたなんて(笑)
もしKouさんが数馬の湯に下りてきていたら、すれ違っていたかもしれませんね(^^

以前、B・Yさんとも同じ日の同じ山に登っていたことがありました。
世間は思ったより、狭いのかもしれませんね(笑)

お嬢さん…茶屋のおじいちゃんから見れば、世の女性の大半がお嬢さんになるかと思われます(^^;
私を知っている人は、後から蹴飛ばしてきそうですe-330

それでは後編もお楽しみください!
Secret

プロフィール

悠

Author:悠
基本は山に行った時の事を、それ以外は日々の呟きのようなものを、伝えていきます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR